光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 小説・映画・アート

今、来たか!!の、「ダヴィンチ・コード」。

-0 COMMENT
先日の、『レオナルド×ミケランジェロ』展から、

レオナルド・ダヴィンチへの興味が継続してて、

たまたま、ツタヤで、「あ、そういえば・・・」と、試みに借りてみた、映画「ダヴィンチコード」。

この映画がブレークしていたころ、
簡単にそのあらすじを聞いた気がする(世界ふしぎ発見!か、なにかで)。

でも、正直、あんまり興味なかったのよね、それ以上でも以下でもない。

しかも、ずっと前に、テレビで放映されたとき、
ミステリー映画だから、冒頭部分に、死体など気持ち悪い場面があった気がしてて、
あんまり・・・と、とおりすぎてきた。

それが、今回、あらためて見てみたら、
主人公のトムハンクスの教授と、
女性刑事の物語や、
この映画の道具立てになっている、信仰、宗教の話が、すんごいど真ん中で、驚いた。

おまけに、狂気に満ちた修行僧のキャラクターが出てくるのだけど、
これがもう、
なんだか、自分の中の理屈じゃない胸の中の何かが、ごぞごぞ、むずむずするようなキャラで、

「あ、これ、完全、これみろ、ってことですよね」としか言いようのない感じ。

「ダヴィンチコード」というタイトルや、ちょっとしたダビンチネタは、あくまで餌にすぎなくて、

本命は、このローマ・カソリックや、キリスト教の話だったのだなと。

メッセージや、サインに満ち溢れた映画でした。
続編も見てみようと思ってる。


ここからは映画のネタバレ、
および、信じる信じないはその人の趣味の話なので、
ちょっと注意。



ダヴィンチコードは、
レオナルド・ダヴィンチの話がメインなのではなく、

マグダラのマリアの再評価であり、

女性性を迫害、弾圧、排除してきたキリスト教的な、男性的な世界観からの、解放を意味している。

薔薇の紋章や、マリアとキリストの子孫を守っている守護者たちなどなど、

マリア信仰、マリア崇拝に似た話。

それと、メインストリーム的なキリスト教との、弾圧と、隠れながらも続けられてきた流れと。

主人公の教授の男性は、象徴学が専攻で、
さまざまなシンボルの謎を解き明かすのが、とても上手。

シンボルを解いていく感じも、すごく、共感できる、重なりを感じた。

私にとって、そういう信仰や流れは、とても素直に共感しやすいし、
なにかスピリチュアルの中でも、自分のシンパシーに近いものを感じる。

で、
今日、
ちなふじえさんのブログで、
書かれていたことが、すごくタイムリーで驚いたのは、

映画に出てくる、
殺人鬼になっていた修道僧の男とか、
いろんなキリスト教者が出てくるのだけど、
私にとっては、いちいち、「あ、これ、過去世だろな」って思う、何かがあったんだよね。

特に、自分を痛めつけ、神に許しを請いながら、殺人に手を染める、
殺人鬼役の
狂気と、裏表の純粋さと、無知さ、愚かさ、盲目、傲慢さ。

よほど、ぐわっときたらしくて、昨日は久しぶりに、夢にうなされた(苦笑)。

それと、その男の唯一の味方であり、利用されていた、枢機卿の男の、
依存・支配関係の重さ。

「ああ、もう、これいいよね」って、本当思ったね。
本心から、そう思えたよね。

ぐるぐるっときて、
今は、見切ったけど。

ループって恐ろしい。どこまで行っても、どうやって抜け出ていいのか、わからないものなんだ。

でも、ちなさんのブログに書いてあったこと、わたしも、少し思っていたことなので、
ああ、やっぱり、それでいーんだって思った。

今を生きる、楽しむ。
自分を楽にして、ゆったりと過ごす。楽しい、心地よいものをたくさんと与える。

で、そうやったおかげか、
また、新たに、
イタリアへの興味が、芽吹き始めている。

イタリアには、一度、大学の卒業旅行で行ったことあるけど、
その時は、なんとなくの流れに過ぎなくて、
なんとなくで回っていた。

そのとき、
バチカンのシスティーナ礼拝堂も、最後の晩餐のある修道院の食堂も、訪れている。
でも、なんだか、おぼろだったんだよね。

今は、すごく、わかる気がするのだ。

自分が気になっている物語をたどり、そのゆかりの場所を調べておいて、巡ってみたいな。




それにしても、
「レオナルド・ダヴィンチが、なぜ?」ってところで、

映画の中でも少し出てきたけど、

先日の展覧会とのつながりで、気づいたことは、

ルネサンス芸術の人々は、
宗教画も、
リアリズム、科学で、描こうとした。
人間の肉体から描いていった、って点がある。

それって、それまでの、
平面的で、「神の栄光」や「絶対的な神秘性」を守ってきた宗教絵画からの、

脱皮であり、
革命なんだよね。

キリストや、聖者を、肉体ある人間として立体的に造形する、描くという。

ある一面で、強固な人たちには、「神の冒涜」と思われても仕方ないような。

それって、なんだろう???って、惹かれながら、
それがどうしのた???って思いながら、
そこに、今の私にとって知りたい何かへの、ヒントがある気がしている。

わたしのなかの、ダヴィンチ・コードが、どんどん広がっていく(笑)。

面白いことに、
あんまり普段から、そういう動きしないのに、
ダヴィンチコード見るときは、なぜか、赤ワインとチーズをが、片手だった。

「赤ワイン」といえば、わかりやすすぎるくらい、シンボルである。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment