光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

同情しない。過去の男から、手紙が届く。

-0 COMMENT
我が子にすら、

「同情しない」、

ということに、気づいた。

それは、仕事での子供たちとの関わりの観察から、
導き出された気付きでもある。

前の私だったら、そこまで、達観できなかったろうな。

相手に同情したり、
可哀想とおもったり、
なにかしてあげようと思う気持ちは、

ときに、間違った「支援」になる。

本当に、相手のためになるかどうかは、なかなか難しい。

その子は、その子で、
必要な経験をしており、
それが、その子を磨き、高めるための大切な体験なのだから、

他人が邪魔をしたら、いけないのだ。

学校教育、枠にはまった教育の限界を、重々に目の前でみているから、
それの善いところと、悪いところと、両方わかっている。

なので、
この変な「親」は、とりあえず、枠組みのなかの教育の必要性も感じながら、

その枠からはみ出たとしても、おかしくないと、思いながら、我が子をじっと見守っている。

この子の、個性を、面白がりながら観察して、

でも、先輩として、必要な補強や補助はほどこしつつ、

この子が、新しい時代の、新しい空気を沢山吸って、

自分らしく生きていけるように。



このアコースティックバージョン、すごく好き。

あまり知らないミュージシャン、インディーズでも、洋楽は、実力がある人がたくさんいるんだな~。

このアレンジしている、Kylan Road ってグループが、センスあるっぽいな~。

ライオンズゲート、
水星逆行、
しし座の新月。

8月は盛りだくさんで、ハードだな~と思っていたけど、

ここ数日、水の中の、

冷たい流れと、
温かい流れの違いみたいに、

あれ?と思うことと、

すっと、気もちよく流れていくときと、両方。

自分の好きな事、いいなって思うことを、素直にやったり、取り入れると、
抜けていく。

理屈や弁解、説得は必要なくて、
惹かれることに素直になると、
ああ、こんなに楽なんだな~って気づいた。

逆に、好きな事に気づける、良い機会だな~って。


もちろん、過去の再生が、いつもより増えている。確実に。

「また、足引っ張りかよ!!」って思うこともある。

「イラっ」とすることもある。

ずっと忘れていた過去の男から、手紙が届く!
みたいな(いや、たとえ話です・本当には届いてません(笑))。

でも、過去が面白いのは、

なぜ、
そのとき、私たちが違う道を選んだのか、
異なる道を歩き出したのか、

今の位置から確認すると、はっきりわかるんだよね。

自分とは異なる他者を理解すると、

ひるがえって、自分がどんな人間なのか、価値観なのかが、クリアに、シャープになる。

だから、その人の生き方を、
そこで生きていることを尊重し、祝福し、
愛を送れる。

いまは、離れてしまったけど、その人は、その人らしく、生きてるわけだから。

逆に、

「わたしは、これでよかった!!」

って思うんだよね。


こんなスイートな男?になりたい(笑)。

スイートな男に、隣にいてほしい・・・のかな?

うーん。

それもあるかもしれないけど、
どちらかというと、
じぶんが、こんなスタイルで生きたい~って思う、そういう惹かれ方。

Tシャツに、ジーパンで、ギター片手で、
どこでも、
世界観を作れちゃう。

力が抜けているけど、チャーミングで、なにか光ってて。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment