光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

テコ入れ♡

-0 COMMENT
最近気づいたが、
子どもを喜ばそうとしてやることで、
子どもは喜んでくれるが、自分は疲れるって事も、あるんだな~ってこと。

子どもの要求、願望ばかり、かなえようとエネルギーを使ってると、

やっぱり、自分は不毛感や、消耗感が起こってくるので、

その消耗感は、
「仕事」と同じで、

エネルギーを外に使った分、

自分自身に同じくらい注ぐ(良いものを与える、喜びを与える)動きが大切だな~。


子どもは感動させてくれる。
可能性や、新しさ、新鮮な発見に満ちている。

でも、わたしの充実や進化、癒やしや豊かさは、
また別にも、あったりする。
そういうことだろう。

最近、それを、

「てこ入れ」

と呼んでいる。

自分を愛すとか、
自分に与える、とか、
いろんな言い回しはあるだろうけど、

もっと、即物的なイメージ、実際的な行動なのだ。

私にとっては、

「ぶっ込む」
「投入」


にも似た語感。

「てこ入れ」すると、

じぶんにとって、
「上がった」ときの
感覚を、取り戻せる。

もしくは、
心地よい状態に戻ったり、
流れが良くなったりする。

だからできるだけ、

「あ、下がりそう」「下がったかも」って感じたら、

「あ、てこ入れ」っておもう頻度が増えている。

「そもそも、下がるようなことしなきゃいーじゃん」って
いう人もいるかもしれないが、

どうしても、役割上、避けられないものもあるからねー。

肉体的、時間的に、疲れるって事はあるからね。

それも、少しずつ改良の努力をしつつ、

疲れようが、
疲れていまいが、

「上がる」ものを「てこ入れ」し続ける動きは、必要だな~。

子どもサービス、家族サービスで動く日でも、
小さく小さく、
その先々の選択で、自分らしく、「上がる」行動や選択を選ぶ。

すると、パッと変わったりするのが、面白い。


22日は、
皆既日食&獅子座新月で、一大イベントらしい。

なんか、納得するような感じの日々。


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment