光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in ★10/8 イベント★ Precious Afternoon in Autumn

”Precious Afternoon in Autumn”、こんなんでした~。

-0 COMMENT
10/8 自由ヶ丘 にて開催

”Precious Afternoon in Autumn”

穏やかの中に、
ぱあっと華やかさをそえて、無事に終わりました。

お越しいただいた、お客様、ありがとうございました。

勇気をだして、あの場に足を運んでくださり、
じぶんの楽しみを選んでくださったこと、
あの日も、今日も、
心から、感謝&尊敬を抱いてます(^_^)v。

これからのさらなる飛翔と発展を、お祈りしております。

そして、のんさん、Ruccaさん、ありがとうございました

七月からの流れの中で、
あっという間の中にも、
めちゃくちゃ凝縮された経験を共有してくれた、同志ですね(^_^)。
この経験を、大切に、今後も生かしていきたいです。
感謝感謝です。


当日は、
自由ヶ丘の女神祭りの日、
町はわさわさ、楽しげな雰囲気でした。

まずは、Ruccaさんの天然石ジュエリー。

a2
a3

一点一点が、丹精込めてつくられた、
繊細で美しいジュエリー。

私も一目で欲しいなと思う物が多く、
でも、お客様が先に選んでから、、、と我慢してました(笑)。

最終的には、ガーネットのネックレスをいただきました♪。

かわいくって、その日の服にもぴったり。大切に使います。

Ruccaさんの進化が、びんびんと感じられるジュエリーでした。

どの作品もたたずまいが、凜としてたんですよね、さらに。

凜とした中に、ゆとりや優雅さ、繊細な美しさがぎゅっとつまっているような。

大人の美が、ふるふるとたたずんでました。

これからも、
たくさん、いろんな挑戦されていくだろうRuccaさんが、
楽しみです。

Ruccaさんのブログ:Rucca帳

a1
こちらは、私のブース。

バリ島からもちかえった雑貨や、
人気だった、ヨモギ薬湯、

お茶のおもてなしの際にも、ふるまった、お茶碗を飾り置きしました。

座談会の終わり頃、ふるまう予定だったのを、
急遽、オープニングセレモニー的に、

ウェルカムドリンクのように、

お茶をお出ししたのが、好評でした。

a4

お茶を飲むことで、
センタリングと、グラウディングされるような感覚があった、との感想をいただき、
とても嬉しかったです。

一つの椀の中に、
宇宙が入っている。

深い緑のお茶をのぞき込んでいるとき、
かぎりなく静かに、
自分の内に和が広がる。

それが、お茶だと思うんですよね。

それを少しでも感じて貰えたら、これほど嬉しいことはありません。

主菓子は、自由が丘駅前にあります、「蜂の家」の、季節の和菓子を。

手まりのようなデザイン。お名前忘れちゃった・・・笑。

それにハロウィンの干菓子を添えました。

主菓子は、本来は、お濃茶の時なのですが、
やはり特別さを出すためにも、こちらにしました。

座談会では、
流れるように、
豊かさ、贅沢、自分の本質を愛することを、みなさんでお話ししました。

そして、いよいよお楽しみだった、
のんさんのプレシャスアフターヌーンセット。

お料理の献立など、
詳細は、のんさんのブログでぜひご確認ください。
↓↓↓
こちら

a7

モエドシャンドンが、やっぱり特別感たっぷりでした。

乾杯のあとに、いざ、いただくときも、
すんごい静かな時間が訪れてました。

というのも、味わうことが、
やはり静かに、自分の内側に入っていく作業なんでしょうね。

味や感触をたしかめていると、
自ずから、無言になっていく。

a5
a8

それぞれの場所から、
それぞれの背景をもった、すてきな女性たちが集まって、
静かに、豊かにおいしいお食事をいただく、
休日の午後。

なんて、リッチで優雅、贅沢なひとときなんだろう・・・って、思ってました。

映画『かもめ食堂』や『プール』『めがね』の世界のような、

シンプルなのに、
ふしぎな調和と、洗練、豊かさ、楽しさが充ち満ちている。

そんな時間でした。

みなさんが、それぞれに、しみじみと、味わっている感覚が、
ひたひたと部屋に広がっていました。

言葉は少なくとも、満ち足りているのが、お互い分かるような。

のんさんのお料理は、何度もいただいてますが、
今回は、
やはり、のんさんがまた新たな挑戦をしようとしているのが、
お料理からも伝わってきて、
その面でも、わたしは静かに感じ入ってました。

変わっていく。

変わっていくことって、ぴちぴちとした、美しさなんだな~。


a6
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment