光と風と水と。

ARTICLE PAGE

かんがえたいの、愛の不思議について。

author photo

ByMari

今日は、川上ともこさんと、牛嶋浩美さんの「だから、夢を見よう」WSに参加。

めっちゃ~あつかった~

どんぴしゃすぎる内容、いたれりつくせり…

濃かった。濃すぎて、120%天然果汁

気づき&メッセージのオンパレード

そして、絵本を作り、塗り絵でカラーセラピーしてもらったり、
自分が表現する作業もあって、そこから見えてくるものも、大きかった

そのまんま
愛って
なんだろう
気持ちいい

興奮しすぎて?「浮かんでる」の漢字を間違ってます(笑)。

自分だけの、自分のための、絵本。

自分のために、自分がめっちゃこめた、愛いっぱいのエネルギー。

癒されます

ちなみに、
私のテーマは「愛」、「愛を学ぶ」。
メッセージは「自分を愛すること、自分の価値を自分で認めることの課題」
とのこと。

「自分を愛し、自分を癒す」。
これがまず第一とのこと。

ウッハー!!!と叫びたい気分。

たくさんのメッセージは、ここのところ、わたしがぼんやり考えていたことを、
プッシュしてくれることばかりだったので、
このエネルギーを大切に、このまま、いっちゃいます


……「今日は誰かに会うかな~」なんて思って参加したら、ほんとに会っちゃったよ。

気脈塾in東京の仲間、カルメンさん(仮名)(笑)。

今日からもう、彼女のことは、勝手にカルメンと呼ぶことにした

何回かイベントや気脈塾でご一緒したけど、意外にゆっくり、じっくりお話ししたことがなくって、
今日はじめて、二人でたっぷりお話しした。

いやあ~
をつけられましたね、確実に

こんなに情熱的な人だとは思わなんだ。

でも、すんごい、素敵
そのギャップが。
私はギャップのある人が、好きである

情熱の真っ赤な薔薇と、
灼熱のサバンナにたたずむ、女豹のようなワイルドさ

生命の炎がメラメラ

ぎらぎらで、熱くて、むきだしな魂がすごく色っぽい。

獲って喰われそうなほど、せまってくるかんじ。

優しくやわらかい容貌とのギャップが、さらに色気をうむ

色気って、じつは、その人の生命エネルギーなのかしら???

おんなっけ、むんむん。いくつになっても、女は女なのだな~。

時には、みだらなのも、よいですね。うふ

エロスをありのままに語るカルメンさんに、
ドキドキワクワク
なんだか、私もうふふな気分でした。

ちょっと、帰り道、頭ぽりぽりしちゃった

だって、なんだか…わたしも負けていられませんもの(笑)。

カルメンさんの成熟したおんなっけに触れたら、
わたしがいかに「オンナノコ」を引きずっているのか、わかりましたわさ

なんつーか、
こんな「オンナノコ」なのに、あんなことやこんなことをして、
「知ったふり」していたことが、恥ずかしいです



カルメンさんとお話ししていて、カルメンさんの自由な魂に、
私の自由な魂の、のりしろが、さらにぐぐぐーんと広がっていくのを感じた。

今日、心に浮かんだフレーズ。
「愛って、単純じゃないんだな~

簡単なようで、幅広くって、形は無数で、無限大。
そしてなにより、自由。
制限がない

も、同じことかも。

心も、簡単なようで、複雑で、
幅広くって、形は無数で、無限大。
そして、なにより、自由。
制限がない

「エネルギーが先にあって、全てが起こってるから、
それによいも、わるいも、ないんだと思う。

feelingは、
ただエネルギーを感じたり、自分のエネルギーでそうなってるから、
ただ、feelingを感じてあげればいいんじゃないかな。

それを、よい・わるいと考えるのは、
世の中の固定観念だとか、世間の常識とか、倫理観とか、
他から刷り込まれた何かなんだと思う。

心は、ほんとは、自由なんだと思う。」


カルメンさんに云いながら、
ああ、自分ってこんな考え方になってきてるんだと、気づかされた。

わたしね、
ほんとは、「いい」とか「いけない」とか、色々考えてばかりで今まで暮らしてきました

他人に罰せられる前に、
すでに、feelingを感じている段階で、
自分の中で、自分を制限して、罰していたのかもしれない。
「いけない」って


でも、今日はしみじみと思いました。
「人を好きになるのを、禁じるのは、やめました」。
だって、心が勝手に動いていくもんだし。
それが、どうなろうと、そーゆーもんだと

すべては「自分を知るため」に、そうなっている気もするのです

…かといって、どうってわけじゃないんだけど(笑)。

そんな今のわたしが、だんだん、とっても好きだったりする

カルメンさんのお話を聴いた、帰り道、
電車の中で、妙にこの歌が響いた。


「かんがえたいの、愛の不思議について」
「まずは、きみとぼくから、はじめよ~」。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply