光と風と水と。

ARTICLE PAGE

ほっこりカフェタイム

author photo

ByMari


午前中、森鴎外『阿部一族』を読み、面白くって興奮し、そのまま添削バイトの残りを仕上げた。

昼下がり、フラワーアレジメント教室に行き、

お花がきれいなのに、活けていて、

なぜか頭の中が真っ白になる瞬間があり、はたと気づく。

「ちょっと、おちつけ」

どうも、テンション、あがりすぎ。

ノッているとき、いろんなことを同時に楽しみながら、バリバリできる。

でも、その勢いがある一定ラインを超えると、人間、地に足つかなくなってくる。

…おかげで、ちょっと落ち着いた。

「どうどうどう」…みたいな。


カフェ

勢いづいていているときも、

たまには、ほっと一息お茶を飲み、また~りなひとときを、ちゃんと持つのだ~。

ほっこり、力の抜けた自分に戻るのです。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply