脳の疲労。与える・受けとるバランス。笑いの威力。

「疲れる」感覚って、かなりの確率で、「脳みそが疲れる」ことから発生していると気づく。

考えすぎたり、脳みそを侵略する妄想みたいなものに取り巻かれたり、

肌に合わない作業をするために思考でやりくりしようとしたり、

そういうのがすべて、脳みその疲れとなる。

人間、自分に合わないことでも、理屈や常識で「やらなあかん」って無意識に思い込んでるから、

脳の疲労を当たり前のように日常化している。

だけど、かなり疲労度は高い。

体動かすより、ずっとずっと。

脳疲労って、いわゆる「ストレス」ってやつかも。



自分に合わないことも、行動してみることで「あ、これ、違う」って確認することができる。

その手間、その過程、そのプロセスは、じつは大切。

そうやって確認して、一つずつ合わないものを、手放していく。

「自分」を知っていく。


花
花2

ここのところ、「与えること」と「受けとる」ことのバランスも、少々偏り気味になっていたらしい。

ここ数日の、奇妙な心のエネルギー切れ感覚は、そこから来ていた模様。

意識的に、
受けとれる場面では、素直に「ありがとう」と受け取ることにした。

受けとれる人から、受けとることは、全然悪いことではない。

与えたところから、そのまま「お返し」とばかりに、受けとるとは、限らないのです。



そして、自分で自分に与えまくる。

ボディーショップで、

モリンガのシャワージェルと、レインフォレストという名のシャンプー&リンスセットを買う。

どうも女子的なやわやわ~花花~キャッキャッな楽しみを、しばし忘れていたよね~って。

セールで偶然かわいい靴をみつけて、買って、ちょっとハッピーになってみたり。

自分をいたわる、癒す、潤わせるのは、大切。



それから「笑い」。

昨夜は、大好きなオカマ芸能人(IKKOさんとか)が沢山出ている番組を出て、大笑い。

そして、アニメ「へうげもの」の録画をみて、これまた大笑い。

笑ったら、重~い暗~い、変なもやもやが、バーーーって霧散した。

笑いの威力を、あらためて、確認。

そういえば、

人生30年、なにやら重い暗いものと触れ合った経験も多々あった気がするけど、

いつだって、どこかで、おふざけして笑っていた。

「うふふ」「ぎゃはは~」と笑うと、ネガティブな闇の勢力さんたちも、しゅわしゅわしゅわ~と溶けて、

知らぬ間に、わたしの世界から消えていた気がする。

「笑い」は結界並みの威力、浄化力があることに、気づく。

いや、まじ、すごいっす。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top