光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

エネルギーを奪う人。新月で、区切りめ。

-0 COMMENT
昨日、ハワイ島ツアーメンバーで話して、ヒントやメッセージがテンコ盛りだった。

中でも、印象的だったことを、一つ書こう。

「人からエネルギーを奪う人」

「人を操作しよう、支配・コントロールしようとする人」


巧妙なそれらを、どうやって見分けて、自分で境界線を引くか。

ひとえに客観性のトレーニングだよね。


みるからに敵対している人、怒っている人、負のエネルギーを放っている人だけではなく、

愛想良かったり、好意的な態度、道徳的に良いとされる行為でも、

無意識に人からエネルギーをとる人もいる…んじゃないか。

じつは、その人の生き方や考え方、物事のとらえ方自体がネガティブだったり、

ブラックホールみたいになっている。

それに同情して、感情移入していると、こちらのエネルギーがもれて、吸われちゃう。



ボランティアをやっていて、新鮮で、刺激的で、経験や気づきがたっぷりある。

「無条件、無償で、期待をもたず与えること」とは、なにか、をみつめさせられる、

良い機会だと思っている。


でもね、正直に書いてしまうと、

ボランティアに来ている人自身が、

「もうちょっと、自分自身をケアしたら?」と思うような、

不安定で、感情移入しまくりで、気をもらしまくりの人がいて、「うーむ」と思ってしまう。


その人からみたら、わたしなんて、超マイペースでやりたいようにやっているから、

「なんだろう?」と不可解なんだろうね。

そんな視線を感じる。

でも、こちらももう他人基準で生きる人間じゃないし、

個人参加の意思が強いから、放っておいている。



結局、自分はなんのために、そこにいるのか、もっと考えること。

「与える」とは、どういうことなのか。

自分が認められること、肯定されることばかり気にしていたら、

「与える」なんて、できるわけがない。


わたしは、誰かに何かを無償で、無条件で与えるとしても、

それは、わたしの尊厳や、相手の尊厳を、何一つ損ねるものであってはならないと思う。

相手をそのまま認める。

わたしを好こうが嫌おうが、その人の自由。

わたしにだって、相手を好いたり、嫌う自由はある。

でも、それとは関係なく、その人にポジティブなエネルギーをもって接する、動く。

それがどう受けとられるのか、関係なく。

…そういうことかな。

ホノルル
これは、ハワイ島ツアーから帰る日。

ホノルル空港の搭乗口近くの屋外ベンチで、ぼんやり待っていた時、撮った写真。

この日はこの1枚しか、写真が残っていない。




昨日から、ふいに「区切りめ」が意識されていた。

今日はますます「区切りめ」だと感じた。

実際的に、8月がおわり、9月がおとずれ…というのもある。

だけれども、個人的に、なにかの流れ・ターンが、

昨日今日でおわり、

9月からまた新しい流れになりそうな気がしている。

それに今日は新月だって!!!。

すごいな~。どんぴしゃ。



明日から三泊四日で、青森へ行ってくる。

その準備で、旅行用のレスポの鞄をいじくっていたら、

ハワイ島ツアーの時の持ち物がいっぱい出てきて、笑ってしまった。

懐かしいし、ハワイ島から帰ってきたあの日の気持ちが、そのまま残っているのに驚いた。

ちょっと目頭が熱くなった。


途端に、明日からの旅行が、

この二か月の私へのご褒美であり、新たな流れへのチューニングだと直感した。

旅って、ただのレジャー、気分転換、骨休めってこともあるけど、

転地することで、エネルギー調整してるんじゃないだろか???

それくらい、いつもとちがう場所へ行ったり、動いたりすることって、意味がある。



博論のことやら、新しい人間関係やら、

気が付けば、いろいろなことで、頭が占領されそうになっていた。

昨日今日ですとんと切り替わった。

空

今夜はアファメーションして、きちんと終了させ、手放し、

新たな流れ、新たなステージを受け取るよ。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment