光と風と水と。

ARTICLE PAGE

じぶんにやさしく。ひとにやさしく。

author photo

ByMari

FullMoonって、やっぱりなにかあるんだろうか?

今朝またメールがばばばと。

”奉仕”について、自分なりの考えを見つめる経験をさせてもらっている。
ボランティアって、助けを必要な人を直接的に助けるだけじゃないらしい。
ボランティア同士の交流、サポートなど人間関係もかなりウェイトがある。
学びや気づきが多い。
ちょっと気づきかけてきているのは、
じつは”奉仕”って、特別な場所へいってする特別なことだけじゃなくて、
つねにどこでも、必要な精神なのかな、と。

つまり、隣の人に親切にする。
他人に関心や、思いやりを持つ。
これだけでも奉仕なのかな、と。

「愛の反対は、無関心です」

たしか、マザーテレサの言葉。

関心をもつだけでも、愛なんだな。
自分のことだけじゃなくて、人のことにも関心をもつ。
それだけで、ポジティブなエネルギーを注いでいることになるのかも。
微笑んだり、声をかけたりだけでも、喜ばれるようだ。

そして、実は、現代人ほどそんな関係に飢えているのかもしれない。

ある人が、
「こんな話ができるのがうれしくって前のめりになって、
なれなれしく話し過ぎたかと思っていた…」
と書いていて、驚いた。

わたしは全然そんな風に思わず、会話を楽しんでいた。

その人は、建前と本音で遠慮して、空気を読みすぎて、
いつまでも深い関係になれない人間関係ばかりに、囲まれているのかなと思った。

ある意味、現代っ子らしい距離の持ち方。
センシティブな人。
やさしくて繊細。
相手の感情や気持ちがわかるだけに、人の期待で動いてしまう。
自分の感じたままを尊ばずに、相手に合わせてしまう。

その気持ちもよくわかる。
わたしも以前はそうだった。
でも、それで痛い目にあったり、苦しんだから、
そんな癖や人間関係を意識的に変えてきた。

そしたら、
逆に、今は、わたしがまるで原始人みたいになっている。
そんなセンシティブ共感人間集団の中にいると。
笑える。

でもセンシティブさもいいな~。
傷つきやすさをありのままオープンにすると、
「誰しも完璧じゃなくていい」ということを、シェアできる気がする。


そんなこんなで、頭と心をからっぽにリフレッシュしたくて、
じぶんへご褒美、プチ散歩。

地元のホームで、下り線を待っていたら、懐かしい車両が。

syugaku

「修学旅行列車」。貸切四両!!

北鎌倉で降りて、鶴岡八幡まで歩いた。
八幡様でおみくじ引いたら…、

omikuji

「凶」。すごい確率。ある意味強運?!。
わたしにしてはめずらしい。
しかも、その内容がばっちりすぎて、おそろしい。

omijiku2

たしかに、大きな山ほど、頂上は雲に隠れていたりする。
山が大きければ大きいほど、存在感はある。
「山岳の様に不動の理想を肝の中に据えてください」
…どんだけ~!!!
「山岳」「不動」って、めっちゃどっしり感。
いやはや。修行はつづくのだな~。精進します。

遠足の子どもや、シニアの観光客、外国人観光客の波に巻き込まれつつ、
人の少ない通りを選んで歩き、五感を使うようにした。

すると、今まで行ったことない場所に神社を発見したりして、面白かった。

icho
sirahata
hototogisu

気ままに歩いていたら、鎌倉の西口のほうまで到達。
そしたら、いきなり目の前に、名物クレープの店『コクリコ』が!?
小町通りだけかと思いきや、新店舗ができた模様。

小町通りのお店が混んでいて、入らずに、悔やんでいたから、
いそいそと入る。

お店は空いているし、のんびり味わって、ご満悦。

kokuriko
kokuriko2

じぶんにやさしく。
ひとにやさしく。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply