人間力。柳宗悦展。おひたしの小鉢?

午前中は、ちょっと気を引き締めながら、ボランティア先へ。

当事者さんと、職員さんと三者面談し、

撮影の目的と、撮られる方の要望、わたしの気持ちを語り合いつつ、今後の撮影の予定と計画を話し合った。

予想より、とんとん拍子に話が進み、明後日、さっそく撮影に入ることに。

わたしが8ミリカメラを手に、当事者の方の普段の行動や、お子さんとの様子などを撮らせてもらう。

当事者さんもとても意欲的で、協力的なので、ありがたい。感謝。

一緒に作っているかんじがうれしい。

そして、それでいいのだと思う。

お互いにアイディアを出しながら作っていくほうが、

化学反応が起きて、面白いものが出来る気がする。

そういう流れや偶然性を楽しむのが、気持ちいい。



正直、精神障害を持っている人への知識は、わたしは少ないと思う。

専門的な勉強をしたわけでもない。

家族では、祖母が長年うつ病で認知症だし、

叔父もパニック障害を持っていたりして、

知り合いに、心療内科や精神科にかかっている人も、ちょくちょくいるけれども。

素人だ。

今までなら、あまり知識が無いことに対して遠慮したり、自信が持てなかった。

でも、どこの場所で何をするしても、知識があってもなくても、

自分という人間が勝負であり、人間力なのではないかな、と。

意外に何とかなってしまう。心さえ、こもっていれば。

そんな風に、まるきり新しい場所で、新しい人たちと、新しい試みをするのも、

人間力を試すためのチャレンジ。

そして、自分自身にゆとりや楽しみ、うるおい、情熱、エネルギーがないと、

人に対しても、ゆったりと構えられないとも気づいた。

自分の中のよいものを信じ、膨らませよう。

happi


なんだか妙に空が青く、ぽかぽか陽気にいい気分になり、

軽い足取りで、横浜駅で下車。

新聞広告で気になっていた、『柳宗悦展』へ行くことにした。

cika

久しぶりの横浜地下街。

やっぱり横浜の空気が好き。マイホームグラウンド!!!。

sogo

yanagi

正直、柳宗悦の展示は、よいものはよいとわかるけれども、

ハートをわしづかみにする品物が少なかった。

唯一ハートが反応したのは、

棟方志功が、師匠の柳のために作った『心偈(こころうた)』の版画屏風。

これはほんとよかった。

ものに魂がこもっていたよ。

柳さんの書も展示されていたけれども、

その筆をみて、かなり真面目な人だったと感じた。

最近、書をみると、その人の人間がわかる気がする。

理屈じゃないけれども。

macha

帰宅後、自分の焼いた器で、抹茶を立てて飲んでみた。

色はよいけど、全体がこぶりなので、茶筅でしゃしゃしゃとするとき、

あふれないか心配になった。

柳宗悦展にもよい茶道具がたくさんあって、みな茶碗は大ぶりだったことを思い出す。

なるほどな~と納得。

わたしの茶碗は、小鉢として、菜っ葉のおひたしを盛るのがよさそうだ。
本日(11/2)に連絡が入り、今進行中のボランティアに関連する内容情報について、いろいろ注意すべきような雰囲気を主催者側から感じたので、記事の内容をすこし削除・訂正しました。ご了承ください。
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

No title

こんばんは~☆

私の家族は、精神の病気を抱えているので、とっても気になる記事でした。
ボランティアのことも、沖縄でのレーネンさんのWSでも、たくさんお話があり、まだ、踏み出せてないので、興味深く読ませてもらってます。

近く、遊びましょうね~☆
  • |2011.11.01(Tue)
  • |rieko
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ありがと~

riekoさん、コメントありがとう~。

まずは、おかえりなさ~いv-290
沖縄、ほんと素敵だったみたいだねv-363
よかったねv-290v-344

そっかあ、riekoさんのご家族にも当事者の方がいたんだね。
今度よかったら、お話をきかせてくださいv-222
ボランティアをしていて、感じることも多々あって、
いろいろ聞かせてもらえたら、参考になりそうなので、よろしくお願いします。

正直に書くと、ボランティアは初心者だし、いろんなことが試行錯誤v-356

新しい、貴重な経験ばかりで、気づかされることもとても大きい。

どこまで、どう書いていいのかが、ちょっとわからなくって、
ブログにはあまり詳しくは書いていなかったけど、明日から撮影本体に入っていくし、
これからは正直な感想をブログに記録していこうかなと思ってるよv-289

riekoさんの沖縄のお話も聞きたいしv-344ぜひ、ちかぢか遊ぼうね~v-290v-351
  • |2011.11.02(Wed)
  • |蕗乃
  • |URL
  • EDIT

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top