光と風と水と。

ARTICLE PAGE

夢と理想のもつ力――『ジュリー&ジュリア』『パッチ・アダムスと夢の病院』

author photo

ByMari

昨日みた映画『ジュリー&ジュリア』、ひさしぶりにツボだった。

公務員のジュリーは、電話受付の苦情係で、苦情対応に明け暮れる日々。

友人はみな不動産業や記者やなにかで、仕事も充実し、やり手でバリバリ働いている。

自分だけがさえない気分。

そこで、なにか挑戦しようと一念発起。

特技は料理だから、自分の尊敬するフレンチ料理研究家のレシピを、1年ですべて再現し、

それをブログでレポートするって話。



わたしもお料理が好きだから、みていて、お料理の楽しさに超共感。

「食」って、毎日のことで、見落とされがちだけど、

ただ食べるだけじゃなくて、作る楽しみ・喜びも大いにある。

材料選びから始まり、素材の組み合わせと調理法で、無限に新しいものを作り出せる。

そして、自分も美味しく食べて、他の人にも食べて喜んでもらえて、分かち合える。

それにこの映画は、主人公の成長する姿もとてもいい。

さえない生活に埋もれている自分を叱咤し、

なにか変えようと思い立ち、計画、実行していく等身大の姿に、共感する。

「挑戦」といっても、特別に立派なことじゃなくていい。

自分が好きなこと、わくわく、ドキドキすることで、何か一つ試してみる。

夢だったこと、長年してみたかったことを、試してみる。

それだけで、毎日が魔法みたいに変わっていく。

red


夢をかなえたり、自己実現って、

なにか特別な、立派な仕事についてエネルギッシュに活躍するイメージもある。

でも、必ずしも、立派じゃなくてもいいと思う。

むしろ、ちっぽけな妄想、ばかみたいな夢、

白昼夢みたいな夢物語でもいいかもしれない。

そのほうが逆に、形になってきたとき、個性的で斬新になるのかも。



今、わたしが関わっているボランティアのプロジェクトも、

もともとは入院中の方に、退院後、町で暮らす障害を持った人たちの生活を紹介するための、

動画作成だった。

当初は写真で展示したりして説明していたらしいけれど、

動画となると、また異なる雰囲気になる。

障害を持った人を、ハンディカメラで、素人の市民ボランティアが撮影する。

どうってことないんだけど、これがやってみると、意外にクリエイティブなのだ。

…時間が経つにつれ、

発案した職員さんの夢、理想、想いが、

とてもクリエイティブで新しいものだとわかってきた。


「理想」や「夢」。

今の世の中の雰囲気だと、信じる力が弱まり、

夢や理想を抱きにくかったり、

何事もはかなく、力のないものと感じられるかもしれない。

でも、色んなことをしつつ、最近のわたしが思うのは、

やっぱり夢や理想のもつ力だ。

人間には、夢や理想は、絶対あったほうがいい。


今日はこの本↓を読んで、ますますそう思った。

パッチ・アダムスと夢の病院―患者のための真実の医療を探し求めてパッチ・アダムスと夢の病院―患者のための真実の医療を探し求めて
(2005/09/01)
パッチ アダムス、モーリーン マイランダー 他

商品詳細を見る


映画『パッチ・アダムス』のモデルとなった、実在のお医者さんの本。

彼は、人間らしさを失っている現代医療・病院に疑問を感じ、

実際に、無料で患者を診察する、愛とユーモアのある医療を夢見て、

ゲズントハイトという病院を設立しようと活動している。

「夢みたい」「そんなの無理だ」「おとぎ話だよ」って、現実的な人は言っただろうし、

今でもいう人もいるんじゃないだろうか。

何もないところから、ユートピアみたいな理想の病院、理想の医療を作ろうと、

本気でやっている、できると信じるところが、この人のすごさだ。

実際、始めてみると、彼に賛同・協力してくれる人も沢山出てきたそうだ。

本当はみんな理想や夢があるんだけど、自分で始める勇気がないだけなんだ。

自分一人じゃできなくても、他の人に協力してもらえばいい。

人を巻き込むことも、大切なこと。

ワクワクは伝染する。

それが夢の力、理想の力。

ばかでいいから、夢をみたいと思う今日この頃。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply