光と風と水と。

ARTICLE PAGE

女性文学との再会。優先順位とゆとり。

author photo

ByMari

来年三月に、とある研究会で、研究発表することになったので、

担当する作品・作家を決めるべく、

久しぶりに、女性文学のテキストや、ジェンダー批評系の本を掘り出してみた。

宮本百合子、佐多稲子、田村俊子、壺井栄、林芙美子、幸田文…etc。

彼女たちの短編をぱらぱら流し読みし、その言葉がいまだに生きているのを感じて、驚く。

結局、わたしが一番シンパシーを感じていたのは、

女性の書いた言葉。

女性の等身大の表現、生身の感動みたいなものが好きなのだ。

男性の書いた正統派純文学に感じる感動とは、またちょっと違う。

女性文学もたくさん読んだし、もうかれこれ8年はレジュメや論文を書いてきたけど、

今、あらためて新鮮な気持ちで、手に取っている。

いよいよとらわれがなくなって、

ほんとうに好きなものを、感じるままに、もう一度読む。

そんな不思議な気分。

グラマーな
太めのレディー。青森の寺山修司記念館に座っていたよ。
気持ちはいつでも、こんな太っ腹、おおらかに。


そんなこんなで予定が舞い込みまくり。

先送りになっていた〆切だの、発表だの、どこか出かけるだの、

整理しなきゃって思っている。

最近は、気が付いたら、色んな情報がすぐ目につく。

「あ、これ、やってみたい」「行ってみたい」が沢山すぎる。

一気に全部は無理だから、状況を見ながら整理して、

自分の直感で優先順位をぱっぱと決めて、要るものを選び、要らないのは手放す。

「なんでもやってみよう」精神はいいのだけど、厳選すること。

ときには、何も予定なく、ぼーっとするゆとりも必要だから、

万事無理はしないことにした。



そして今日の昼過ぎから、体がまたずーんとしてた。

またもや急激に寒くなるんだもの!。

やりたいことが増えてくると、

体力・健康との兼ね合いも、わたしの大きなテーマだったりする。

知名藤枝さんが、「申年生まれは、アクティブで、仕事も趣味もプライベートも全力でする人。

無理しちゃうと、体に出てくるから、適宜、休みもとってください。

予定のコントロールが大切…」

みたいなこと、WSで言っていた。

最近、時折、しみじみその言葉を思い出す。

今夜も腰湯&早寝します~。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply