光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

前向き、ポジティブで、強い。

-0 COMMENT
今の職場にいる人たちは、

今まで出会った感じの人たちと、またちょっと違うんだけど、

とてもエネルギーが高い。

シンプルに表現すると、

「前向き」「ポジティブ」「強い」人が多い。


「やさしさ」「想像力」は、ときに、「弱さ」のようになる。

相手の立場や心情をおもいはかりすぎて、やさしすぎて、よわいとか。

ボランティアや奉仕活動に興味をもつ人に、往々にみられる。

愛と、感情移入の、はきちがえ。

福祉や看護、介護、社会貢献などの場でも、そんな人はよくいると思う。

そして、そういう人にかぎって繊細で、感受性が強く、

人の何かを受けすぎて、傷ついたり、自分がボロボロになったりする。

想いや行動はポジティブでも、「弱い」。



でも、そういうのと、ちがうあり方があるんだと、教えられている気がする。

ダメなものはダメと伝えられる、正直さ。

でも、必要なことは、必要なときに、できるかぎり行動する。

それも、自分たちのためじゃなくて、

それがその人やその場所に必要だから、する。

すべてがきれいごとだけではないと知っていながら、

ニヒリズムや無気力に陥らずに、

光を信じる強さ。

「高いな~」って思う。

人間力が、鍛えられた人が多い。



「<天使>みたいな人たちの集まりだ」と、ちょっと思ったりした。

わたしの天使のイメージが、一般的な優美なものと、ちょっとずれてるかもしれないけど。

girl

やっと出会った、また新しい環境。

それでも、お互い人間だから、もちろん色々な面が見えてくるだろう。

良い時ばかりでもないだろう。

しかし、少なからず、

今までの職場や、今までのパブリックな人間関係よりも、

ずっとずっと軽くて、明るくて、心地よい。



チェブラーシカのオレンジの手帳を使っていたら、

「かわいい」って、みんなが褒めてくれた。

ビジネスには向かない手帳だとおもいつつ、びくびくしていたのに。

自分のほんとに好きなものを身の回りにおいて、身に着けて、

それでいいんだって思った。

もう、変に自分を「仕事ができる人」とか「能力が高い人」のように

なにか別のものに演出しようとしなくたっていい。

そう、はっきりと直感した。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment