光と風と水と。

ARTICLE PAGE

温めましょう。引き寄せ。

author photo

ByMari

朝起きたら、きゅきゅきゅーってお腹が痛くて、驚いた。

「どうしよう、仕事いけるかな?!」。

でも、冷静に判断して、

胃は痛くないし、お腹は空いているので、

朝食を食べられるだけ食べて、まずは、お医者さんからもらった腹痛の薬を飲んだ。

そして、天気予報をチェックし、今日の昼ごろからどんどん気温が下がり、

冷え込むって話だったから、完全防寒ファッションをこころがけた。

ヒートテック素材の足首までのスパッツ(十分丈)、スパッツ(三分丈)、

分厚い靴下に、特殊素材の温かい薄手レグウォーマー、

細身のズボンをはいて、内側ファー付ブーツにすそをイン。

おまけに、上着は、チュニック風ワンピで、ニット素材。

さらに、下に、ヒートテックのタートルインナーを着た。

しあげは、お腹に小さなホッカイロを貼った。


正直、どれが効果をあげたのかわからない。

でも、今日は、ここ数日の中で、一番体が楽で、わりあい普通に過ごせたな~。

冷やさないようにして、体を温めるのが、一番いいみたい。



あとね、気づいたことが一つある。

もしかして体調がすっきり治らないのは、

わたしの気持ちが、最初から引け腰、守りに入っているからじゃないかって。

最初から「仕事が始まって、体がついていけなかったら、どうしよう」

「まだ始めたばかりなのに、休めない」

と、自分の体力や体調に対し、ビクビクしていたものだから、

その不安が、現実を呼んだのじゃないか。

そう思ったら、

『風邪ひいても、しばらくしたら、ま、なんとかなるだろう』

『しぶとく養生してれば、いつかは治るから大丈夫』

逆に、そんな風に構えたほうがいいと思った。

それから、すこし気楽になった。


そんなこんなで、今日はふしぎに体も楽に、ゆったりと勤められた。


一日を無事に終えて、

いまは、とても満足な気持ちで、家でリラックスしている。


こんな一つ一つのことすら、

わたしにはとても新鮮で、達成感・充実感をかんじる。

「働ける」という、喜び。


キュウフン

これは三年前の十二月に、台湾へ行ったときの写真。

キュウフンという村で、坂と細い路地の独特の街並みが、

なかなかエキゾチック。旅情を誘う。

こんな写真を見ちゃうと、またどこかに旅行へ行きたくなる。

いろいろなアイディア、気づきと共に、

行きたい場所をメモっておこうっと。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply