光と風と水と。

ARTICLE PAGE

サバイバー

author photo

ByMari

「事件は現場で起こってるんだ」って台詞が、一時期、はやった。

「ばっかみたい」って思ってた。

でも、初めて、「現場」というものを目の当たりしている。

机上の理論で、偉い学者さんが主張している理想ではなくて、

有象無象の、市民のレベル。



世の中のみんなが、人権や、尊厳や、平等が必要だと思ったから、

作られているはずの組織も、

ものすごい逆風にあったりしている。

それは、「ふつう」の市民の人たちのなかに、

いかに差別や不平等、暴力的な意識が潜在しているかということだ。


「自分は被害者だ」と主張している人が、

じつは、自分の加害性に気づいていなかったり、

「自分は平等の権利を尊重する」と言っている人が、

もっとも不平等な権威主義の差別主義者だったり。


「平等」を看板に掲げた、こんなところでさえ、こうなのだから、

なにもない、会社や、地域や、集団じゃ、

どれほど、潜在的な差別や暴力がまかり通っているんだろう。

バリバリ、目に見えない差別や暴力は、いまだあると思う。


実際、

わたしも決して安全な、抗菌ルームで育ってきたわけじゃないし、

アカデミックでラディカルな場所であるのが当然のはずの、

大学、大学院にいて、

男性主義的、権威主義的な人々から、

長年、圧力や差別を受けてきたから、

世の中、決して、おきれいじゃないことは、よくわかっている。


だからかもしれないが、

現場を知ることで、

わたしは幻滅したり、失望したりは、全然ないのだな~。

「ああ、人間そんなもんだろう」と。

よほど、「できた人」じゃないかぎり、

所詮、大多数は、個人に戻れば、そんなレベルなんだと思う。

こちとら、

お恥ずかしながら大学生なら、あちらが幼稚園児くらいなのだ。

いやいや、冗談じゃなく、本当に、そうなのだ。




ガン治療が成功し、余命が延びた人のことを、「ガンサバイバー」という。

DV被害の経験のある人も、「DVサバイバー」と呼ばれたりする。

世の中には、日の目に出ないだけで、実は、いっぱい「サバイバー」がいる。

今日は、そんな風に思った。


意地悪に足を引っ張る人や、世間の逆風はあるだろうけど、

そういうレベル低い人たちは勝手にやらせといて、

光の仕事をコツコツやっていれば、

いつか闇がしぜんと霧散する日がくると、わたしは知っている。

だから、負けないでほしいと思う。

わたしも負けない。

負けるわけがない。

関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply