すべては経験です。即物的、精神的。

神さまは、最高の、脚本家だな~。

なにしろ、一人一人が、自分の人生ドラマの主人公。

六十億人に、六十億人のドラマがある。

しかも、すべてリアルドラマなんだから、すごい。

同じ出来事を経験していても、
ある人には、ハッピーストーリーで、
ある人には、バッドストーリーだったりする。

おもい方、とらえかた、一つともいえる。



昨夜会った人は、
事実だけみたら、
めちゃくちゃ大変な、負荷のおもい生活をしてきた。

でも、彼のなかでは、苦労は苦労としても、
全部プラスにしかとらえない。

正直、「えー?!そこまで~!?」みたいな、
凶悪なパワハラを受けたのにもかかわらず、
最後までやりきって、卒業している。

我慢づよくて、忍耐強いんだな~と感心しつつも、
「わたしだったら、無理。辞めちゃうな~」って思った。

知り合ってからもう五年は経つけど、
いつも不思議で不思議でならなかった。

どうして、そこまでできるんだろうって。

昨日、ふと気づいた。
この人は、
ネガティブなことを、ネガティブと認めないんだな、と。

その関係や、状況が、
自分にとってマイナスなことだと、絶対認めない。

感情的につらくて、ひどくて、最悪だと感じていても。

ものすごいど根性だ。

一ミリでも認めてしまった瞬間、
自分の心がポキンと折れてしまうのかもしれない。

他人の立場で聴いていても、
誰が聴いても、
たぶん、つらさのレベルが、そのくらい尋常じゃなく感じる。
常識の、限度を超えていると思う。

彼がたんに打たれ強い・忍耐強いようにも思える。

でも、じつはある意味で、
彼は彼で、限度の越えた反骨精神で、
事実を、自分の中でプラスにしている。

いくら、いやがらせされても、
逃げ出さないことが、
反逆心、最大の抵抗となっている。

話を聴いてると、すべてにおいて、そんな感じなんだよなあ。

すごいや、と感心した。

「ど根性版・引き寄せの法則だよ!!!」みたいな。

あ、でも引き寄せといいつつ、現実はつらいもの引き寄せているか…(-.-)。

正直、感心しつつ、
わたしは無理。わたしとはちがうなとも思った。

その理由は、なぜか。

ようは、基本的に、支配的な人間関係がダメ。

どんな場所、関係でも、
本質的には、平等で対等で、自由で、
おたがいが尊敬をもてないと、
無理。

わたしだったら、
「あなたは間違っている」「わたしには、それはふさわしくない」と、
NOを正直に伝えることも、人間的な誠実さだと思う。

たとえ、自分の社会的に地位が、今後抹殺されようが、
全身全霊で、
命かけて告発するくらいの根性も、あっていい気がする。

やられっぱなしよりも、そっちを選ぶな。

我慢は、かならずしも、美談じゃない。

ま、経験を、精神鍛錬の気づきに変える彼は彼で、
ただの苦労話よりも、ちがう質の経験をしているんだと思う。
それはそれで、偉いよ、ほんと。


クリスマス連休で、ツリーがぴかぴかする夜道、
別れた後、ぼんやり電車に乗りながら、
わたしはわたしで、はは~と一人感慨にふけっていた。

ふつうに話して、楽しめることは楽しめる。

でも、こころがゆれない。

じつは、最初からわかっていたことなんだけど。

でも、もはや、
友達だろうと、そうじゃない関係だろうと、
話していて、
新鮮さやエキサイティングさ、
こころがふるえるような感覚がないと、
つまらなくなってしまっている。

だって、新しい友達はすでに、
みな、そんな人ばかりなんだもの。

ある意味、レベル高い。

たとえ、異性でも、
友達だとしても、それ以上になりたいと思っても、
そのくらい新鮮で、エキサイティングな人じゃないと、
会って話しても、ただの世間話程度にしか感じられない。

若かったときみたいに、異性だからってだけで、
評価を底上げするような気持ちが、無になってしまった。

・・・こうなって、あらためて、
自分がいかに即物的だったかに思い至り、我ながら、笑える。

いや、まじ、極端に精神的で夢見がちか、
極端に即物的か、どっちかしかなかったと(笑)。

へたすると、今でもそうかもしれない。

それが、おかしいよってことに気づき始めた、今日この頃。

今のわたしの結論。

異性同性問わず、人間的興味につきる。

ただ、そんな風な気づきを得られた点で、
この経験と、この経験をシェアしてくれた人に、
感謝。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top