光と風と水と。

ARTICLE PAGE

意外性を楽しむ、マッシュアップ

author photo

ByMari

「これがいいんじゃないか?」と思いつつ、
初めてのことだけに、勇気が出なくて、
最初の一歩を先送りにしていた。

それが、
相手に話してみたら、
すっと何でもないように前進した。

案ずるより産むがやすし。

なにか、
思いがけないものと、思いがけないものとが、結ばれ、繋がっていく。

この感触が、最高に面白くて、エキサイティング。

その場に立ち会う、
じぶんの立ち位置も、とてもエキサイティング。

意外なものを結んだり、つなげたり、
全然予想もつかない組み合わせを考えつつ、
そのコンビネーションの妙を楽しむ。

音楽用語のマッシュアップってのに、ちょっと似ているかも。

まるきり別の曲を、ミックスして、
一つの新たな曲を作る。





面白い妙味ができると、
ときめき♪きらめき♪
超エキサイティング。

ひらめき=ひらめ筋と、
ときめき=ときめ筋。

いろんなことを楽しめば楽しむほど、
この二つの心の筋肉は、太くなるなあ。

ここのところ、
日々、
ひらめ筋と、ときめ筋、使いまくってるなあ(笑)。

楽しくってたまらない。



JPOPのマッシュアップ探したら、
こんな曲も↑。かわいい~。

失敗したくない。
うまくやりたい。

そう思うから、
なにかを始めるのを逡巡したり、
行動を先延ばしにしちゃうのが、
「これまでのやり方」だった。

でも、
これからは、きっと、
思いついたら、動いて、アプローチしてみて、
それでダメだったら、
別のやり方考えてみるか、
別のものを選んでいけばいいという、ただそれだけなのかも。

「完璧主義」を手放すこと。

準備したり、練習してから本番がくるのじゃなくて、

いきなり本番であって、
それが、すでに練習でありながら、
本番にそのままなっていく。

難しく考えなければ、意外とできちゃうのかも。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply