生きた言葉。繋がりの感性。他人の経験と客観性。

おわった~!!

ここ数日、ここ数週間、ここ数か月で、
もっともヤバい、ぎりぎりラインの体調だったけど、
発表きっちり。

そして生産的な議論と、
みなさんの心と集中力が、ぐぐーんと私のレジュメに近づいてくるのを、
ピチピチした空気を、
久しぶり感じた。

これが、わたしの本領です。

どすこい。

半分以上、生きる屍状態で、グロッキーになりながらも、
発表の質は決して落ちず、客観的にみても平均点以上、上々であったじぶんを、
褒めてあげたい。

もはや、研究者としての未来に、世間的な評価もなんも期待もしてないけど、
そういう文章、そういうメッセージを発信するために、
生まれてきたような気が、今日はした。
水をえた魚?


障害をいままで、「障害」と書いてきた。

障碍、しょうがいと書く人もいる。

「障碍と書いたら?」と勧められたりもしたけど、
なんかそれが偽善、ワザとっぽくて、自分の中でフィットしなかったから、
ずっと「障害」としてきた。

今日の発表から、わたしは「障がい」と書き始めた。

わたしのなかで「障がい」になったのだ。

それはたぶん、
色んな人との出会いがあって、
ハンディキャップと共に人生を生産的に生きる、生きざまに触れて、
わたしのなかで、血肉の通った言葉に成ったからだろう。

わたしのなかの、生きた言葉。


わたしの発表だから…と、
来てくれた先生たちの友情に、優しさを感じた。

そんな優しさもふくめ、
今週は、色んな人にちょっとずつ助けられた。

その人たちは、わたしを助けようとして、なにかしてくれたわけではない。

友達が、ふいに花金の夜ごはんを誘ってくれたり。

職場の人が、話を聴いてくれたり。

古いつきあいの先生から、童子の仏像の絵葉書がきて、
「これ、よくみたら、あなたに似てるよね」って書いてあったり。

「なんなんですか~!
先生!!
わたしのこと、宝塚って言ってみたり、田島陽子って言ってみたり!
今度は、童子かい!!
もっとまともな表現はないのか?!」

悶絶しながら、嬉しかった。

わたしは、いろんな人と繋がっている。

繋がりながら、生きてる。

決してさびしくない。

案外、人に好かれているかもしれない。

その押しつけがましくない、
自然で、そっとそばにある、繋がりの温かさ。
けっして捨てたものではないとおもえる。

みんなに感謝。

そうやって繋がっている手ごたえは、
人間そのもの、人生そのものへの信頼感みたいなものを作る。

いせ

淋しい人はきっと、
個人の内部の深いところにリーチしあうような、
強い濃い、何かを期待しがちなのかもしれない。

淋しさゆえともいえるけど。

ときに、それくらいやらなきゃ、
やりつくさなきゃ、
分り合えないときもあるだろうが。

それよりも、
ふわっと、そっと、寄り添っている何かを感じる感性があるかないかが、
大切な気もする。

どんなに深く、お互いに食い入ったところで、
余計に孤独になる場合だってある。

ようは、繋がりを味わい、楽しむ、感謝する、
愛する感性があるかないかだと思う。


一見ネガティブな状況、深刻でつらい経験をしている人がいるとして、
傍目で見たら、
あまりに重く、暗いから、触れたくもないとおもうかもしれない。

まるで、自分にその深刻で悲惨ななにかが、
伝染しそうな気がして。

そんな悪い出来事が起きるなんて、なにか悪いことでもしたの?
カルマ?
その人にそれを引き寄せる原因があったんじゃない?。
自業自得?。

・・・他人からみたら、そんな風に見えるかもしれない。

でも、それもこれも全部、勝手な思い込み。

経験のなかにいる人は、今、まさにエッジに立ち、
自分の魂の本質と究極に向き合う、
貴重な時間をすごしているのかもしれない。

この一週間をすごして、
あらためて、そんな風に理解が深まった。

大震災から一年。
悲惨な経験をした人は、世の中に、ごろごろいる。
同情したり、感情移入するのも簡単だけど、
その人たちが、経験の中から、いかにポジティブに生きようとしているか、
わたしは見守ろうと、あらためて思った。
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

おつかれさま☆

私も、おわった!ワンステージこなしてきたワ☆
体験するって、なによりの宝だね。
波乗りの気分。頭パンパンだったけど、一瞬だけマリリンコのことを想って歌えて、良かった。

障がい、なんだか意味深いひびき。マリリンコ、何かを得た。
  • |2012.03.11(Sun)
  • |kumi
  • |URL
  • EDIT

代替画像

おつかれさま(^^♪

kumikoさん、おつかれさま~!

昨日の六時三十五分ごろ、
帰りの電車で、kumikoさんをぱあーっと感じたよ。

あ、歌ってるのかな?って思った。

おつかれさま~。きっと素敵な舞台だったでしょう。
今度、ぜひ歌を聞かせてね。

わたしもなんとか発表、上々で終えられて、
今日はホッとしていたよ。

いつもありがとう。
こないだ電話で話してから、
すこしずつ楽になってきたよ。
またゆっくりランチでもしようね~v-22
  • |2012.03.11(Sun)
  • |マリリンコ
  • |URL
  • EDIT

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top