光と風と水と。

ARTICLE PAGE

心を込めて。

author photo

ByMari

今日は仕事帰りに、東京駅でriekoさんと待ち合わせ。

丸の内の、沖縄料理屋うりずんさんへ。

riekoさんとお話しして、いっぱい笑ったり、語り合ったりしている間、
ふしぎなことに、
ハートのところから、胴体の深いところから、
はあ~って、ゆるむような吐息が何回も出た。

ひさしぶりの、りらーっくす。
心の底から、力が抜けるような。ホッとするような。
ただの30代前半の女性に戻ったというか。

やーっと自分のなかのリアリティを取り戻してきたみたいで。

最近、どうも、現実に起こる出来事が、非日常的すぎて、
キャパシティをこえていたのかな?と気づいた。

リアリティがおかしくなっちゃってたのかも。

riekoさんと話していたら、
スピリチュアルな仲間たちの空気やリズムを思い出したし、
非日常的な出来事も、ひとつひとつが現実でありつつ、
いつものベースの自分のリアリティに、足がついた感じ。

「またね~」って手を振って別れる頃には、すっかり元気になっていた。

ありがとう。
riekoさん。
こうして、また今日も受け取った~。
感謝。

poem1

それにしても、人間のこころは複雑だな~としみじみ。

人生もおなじくらい複雑で、繊細で、ダイナミック。

今の自分を生ききろうと、ますます思う。

苦手なことや、不安、おじけづく気持ちがないわけではない。

でも「明日」があるかどうかもわからないならば、
とりあえず「今のじぶん」を全力で生ききろうと思う。

最大限、全身全霊、心を込めて生きる。

この目の前のことと、自分がいま感じているfeelingがすべて。

隠しようもないくらい、わたしはわたしだし。

ぎゅっと握って、
不安で目を覆いさえしなければ、
ゆっくりと自然に変わっていくなにかを感じる。

この温かく、楽しくて、キラキラするところを、
大切に愛そう。

今を愛そう。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply