光と風と水と。

ARTICLE PAGE

静かな部屋で、まるまって、眠る。

author photo

ByMari

今週も終わり、やっと明日からホッと一息、お休み気分。

ふらり、この一か月のことを振り返ったら、
あんぐり口を開けたくなるような気分になった。

これが漫画だったら、
顎がはずれて、地面にばーんって垂れ下がりそう。

心身ともに、ちょっとおくたびれだから、
一人になって、
静かな部屋で、自分のベットでまるまって、昏々と眠りたい。

誰のことも考えず、
ひとり、ただ安全に、いま、守られている気持ちで。

体調が、なぜか今日おもむろに、めっちゃ悪化して、
帰り道、お腹が痛くて、気持ち悪くなりそうだった。

どうして、ここのところ、体調がすっきり治らないかについて、
想いをめぐらした。
まともに、まじめに、考えてみた。

すると、からだのほうで、気を利かせて、
なにかに気づかそうとしてくれているのかな、と思った。

からだが悲鳴をあげはじめると、
じぶんがいかに気を張っていたか、きづかされる。

三月のあたまに知った、
ある人の死も、一時のショックより立ち直ってきたけど、
結局、すべて何もなかったかのように、
砂浜に描かれた文字が、打ち寄せる波で消えるみたいに、
きれいに消えたわけではないと気づく。

わたしなりの受け止め方で、今はまるく、やわらかく包んである。

でも、じぶんの正直な気持ちは、
ほんとは、もっと嘆いていたかったのかもしれない。

あまりにショックだから、
辛さの中に立ち止まっていられなくて、動きまくった…という気もする。

そんな自分も、
死んでしまった人のことも、
しかたないよねって視線で、今はじっと見つめている。

来週の月曜から沖縄旅行に行く。

死んでしまった人のことだけじゃなくても、
あの人のことや、この人のことや、
ここ数か月、いろんな変化があって、
じぶんの感情のキャパシティーを大いに超えていたから、
沖縄へ行って、すべて流してこようと思っている。

なんだか、つかれてしまったのだよ。

わたし自身はなーんも問題ないし、
たのしくて、やる気満々で、しあわせな気分。

だけど、人がつまらなそうにしていることに、つかれてしまった。

嘆こうと思えば、怒ろうと思えば、
もっともっと悲惨なこと、無残なことが世の中にはあるんだけど、
実際は、ひとは日常的に、そんな大したことないことで、
怒ったり、嘆いたりしている。

それをみていても、
右から左へ流すのがごくごく簡単にできるくらいに、客観的にはなった。

他人を変えようとしない。
だって、無駄だもん。

でも、正直、わたしの素直な心はそんなのばかりじゃ、つまらない。

あかるくて、静かで、おだやかで、
ほっこりと日向ぼっこみたいな気分にさせてくれる、
何かに会わないと。

だから、最近、
犬や動物、子どもをみると、やたら気になるのかも。

その瞬間だけ、ふわっとちがうモードに移行する。



帰り道、走行中、電車が急にとまった。

踏切通過中に、異常音がしたとか。

満員電車で、人々はイライラしていた。

不安そうに、時間を気にし、焦り、ため息をつき、舌打ちをしていた。

「乗務員が確認したところ、置き石だったとのこと。
安全が確認できたので、発車します。
みなさまには、大変ご迷惑をおかけします」

「なーんだ、置き石か」
「まったく、最近電車はすぐ遅れる」と人々はイライラする。

でも、わたしは逆にホッとした。
心から「良かったね」っておもった。

置き石程度で、よかったじゃん。

電車が止まった途端、心の中で「適切なことが行われますように」お祈りしていた、わたし。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply