光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

Last Friday Night!!!

-0 COMMENT
今日は、やっと休日気分。
午前中、晴れている間に、
庭に出て、お花を植え替えたり、玄関のたたきを掃除したりした。

ホッとしてから気が付いたのだけど、
昨日あたりは、金曜日の忙しさからの復旧が追いつかなかったんだよね。

金曜は、仕事の後、駆け足気味で大学へ行って、
午後6時半から科目履修の授業に出て、
その後、図書館で調べものをした。
神楽坂のモスで夕飯を軽く食べたころには、9時半を回っていた。

科目履修した授業は、英語の論文作成の授業。
英語で自己紹介と、英語小テストみたいなのをやらされた。
久しぶりにまともな英語の授業だし、
めっちゃわからな過ぎて、ヤバすぎて、穴に入りたい気持ちだった。

担当の先生は、以前から知り合いの外国人の先生。
超日本語ぺらぺらで、日本人以上に日本人っぽくて、これまでは全然気にしてなかった。
でも、初めて英語で話すところをみたら、「外国人だったんだ~!!」と目からうろこ。
・・・いや、前から、外国人だったって(笑)。

わたしのレベルを客観的に考えると、
授業にただ出席するだけじゃ、書けるようになるとは思えない。
自分なりの目標を決めて、授業外にも、自分で努力する必要あるなと思った。

金曜の夜はへこんだけど、
生の英語が聞き取れなくても、へこむ必要は、現状では、ない。
・・・あとから、そう冷静に思った。
私の目的は、
英語で、自分の論文要旨くらい書けるようになることだからだ。

でも、英会話も、英語の読み書きも、少しずつ努力しよう~って思った。

あまりのできなさ加減に、
英語をいまさら勉強する必要性を、問い直してみた。

「これじゃ、足りない足りない」「もっと優秀になりたい」
みたいな、いつもの焦燥感で、英語もって思っているだけじゃないか?

ただでさえ、最近のわたしの時間は限られている。
まずは仕事。それに、原稿や研究発表もある。
しかも、どれ一つ、手を抜いている気持ちはない。けっこうがんばっている。

どんだけ、がんばれば、満足するんですか????
単に、自分を駆り立ててるだけじゃないの?。

そう尋ねてみた。

単純に考えたら、英語を一から勉強している間に、
研究に時間を割いたほうが、要領がいい。

必要になったら、英語ができる人に頼んで、英訳してもらえばいい。
中年~年配の先生たちなんかは、そうしているのだろう。

でも、いまやらなかったら、永久に英語でできなくなるし、
そうやって先送りにしていったら、後悔するだろう。

今、こうやって、動いたのだって、
三年前受けたかったのに、仕事の都合で受けられず諦めたからだ。

このチャンスを逃したら、
もう二度と、英語の論文作成のゼミなんて受けないかも。

先延ばしにしてたら、その先延ばしにした年月の分だけ、後悔する。

だから、恥ずかしくても、ダメダメでも、とりあえず、
挑戦することは、最低限の、自分への保証。



夜の図書館で、戦争文学の資料を鬼のような形相でプリントした後、
神楽坂のモスの二階、窓際の席でポテトつまみながら、
道行く人を眺めつつ、ぽけーっとそんなことを思っていた。

4月のフライデーナイトは、10時に近づいても人波がすごい。

そうか、歓迎会の時期だしな~と気づく。

道の向かいにあるドトールの3階は、さすがに空いていて、
真下の、地下鉄の出入り口前には、雨のため、待ち合わせの人が数組。

シャッターのしまったタバコ屋の軒下に、
30代くらいの男の人が、一人、人待ち顔で立っていた。
誰か、待っているのかしらん?
スーツではなくて、デニムだから、プライベートかな。

サウザン野菜バーガーが美味しくって、もぐもぐ食べて、
また不意に、タバコ屋のほうを見たら、
男の人が、こっちをみあげ、手を振っていた。

誰か、知り合いでも来たのかな?と思ってみていたけど、
下の道にも、わたしの周りにも、他に誰もいない。

さらに、間をおいて、もう一度、男の人は手を振った。
こちらを確かめるように、合図しているみたいにみえた。

わたしもなんとなく、真似して、手を振ってみた。

そしたら、その人、すごい勢いで、顔をそらした。

「うわっ」わたしも窓際から、身をすっと引いた。

しばらくしてから、また外を見てみたら、そこには誰もいなかった。
坂を行きかう人たちと、
待ち合わせっぽい複数のグループの人がいるだけだった。

今思い出しても「なんなんだったんだろ~」と思う。

変な人に思われたのかな?。
それなら、相手も、ちょっと変な人だ。

きっと驚いたんだろうね。
試しに振ってみたら、
上の人も、手を振ったから。

母に話したら、「手なんか、振らなきゃよかったのに」とのこと。

でも、人がじぶんにむかって振っていると思ったら、
無視するより、振っちゃうのがわたしって気もする。
知らない人に会釈されたら、無意識に、会釈するし。

オープンすぎかな、わたし。
はっちゃけすぎかな。

良い悪いで考えそうになったけど、
「ま、いっか。ふしぎなこともあるもんだ」。
そう思って、今日もまた別のことをして、過ごしましたとさ。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment