光と風と水と。

ARTICLE PAGE

記念碑的な出来事。キラキラグリッターロックスター。

author photo

ByMari

今の仕事が好きだ。
喜びや感謝を感じる。

こんな風に、なにかに自然と感謝するのは、めずらしい。

自分が楽しいとおもって、
これがお客さんにも良いだろうと思うことを、
心を込めてやると、
その反応が、そのまま返ってくる手ごたえがある。

お金のためや、世間体や見栄のためでもなく、
全然そのすじの専門でもないけど、
ただひたすら、良いと思うことをするようにしている。

「今日の話が聴けて、本当良かったわよ。私たちも勉強になったわ」

廊下で、掲示物を直していたら、
イベントの参加者だったお客さんが、わざわざ声をかけてくれて、そう言ってくれた。

とっても嬉しかった。

私にとって記念碑的な出来事である。

自分が企画したイベントで、当日も自分がメインで開催し、
人前に立ってパフォーマンスし、
それに参加したお客さんから「良かったわよ」って言ってもらう。

…なんつーことだ。まるでドラマのようだ。

大勢の人の前に立って、色々話したり、場の空気を作ったりが、
どこか苦手だと思っていた。

だけど、いざ始まっちゃうと、案外合っているらしく、
アドリブしまくって、
会場は盛り上がり、同僚や上司にあとからあとから「良かった」といわれ…。

内心は、輪のなかでぐるぐる走らされているハムスターみたいに、
緊張しているのに、
ひどく落ち着いて、余裕あるように見えるんだと。

わたしの取り柄、役得だなと思った。

どこか自信のない自分がいることも、本人は知っている。
でも、人目には堂々と落ち着いてみえる自分がいることも、自覚している。
それでいいんだとおもう。
パブリックパーソナリティと、プライベートパーソナリティ。
どちらも、わたし。

適切な場所で、適切に行動して、
みんなも喜び、自分もうれしくて、
それで満足して帰ってもらった。

ならばいいじゃん。これで。

これが、仕事。



ロックスターにあこがれる。
忌野清志郎。
レディーガガ。
美輪明宏。

ロックスターにはなれないけど、
ときに、ロックスターみたいに、みんなの前で立ち回って、
惹きつけて、盛り上がっちゃうなら、それもいい。

先日、忌野清志郎のインタビューが再放送されていた。

舞台の前に、指輪や腕輪、アクセサリーがずらりと並ぶテーブルの前で、
念入りに今日のアクセサリーを選ぶ、清志郎さん。

「ほんとは、こんなじゃらじゃらつけなくたっていいんですよ。
でも、こういう恰好で売れちゃったから、
つけていないと、『あ、今日は手抜きしてる』とか思われちゃうから、
これも仕事なんですよ」

清志郎さんの横顔は、いたって素の顔だった。
笑うでもない。
仕事をする人の顔。

舞台で歌うキラキラグリッターの清志郎のイメージと、
意外に、人見知りで無口、暗いという普段の彼と、
どっちもあるから、あの音楽、あの芸術って、わたしはおもう。

まじめで純粋なんだよね。

ふざけているようで、全力でふざけてる。

そういうのって、かっこいい。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply