光と風と水と。

ARTICLE PAGE

カマカニ。

author photo

ByMari

ka makani kaili aloha



youtubeでクリップして、

思い出しながら、ふりをやってみる。

同じ曲でも、

踊る教室、踊る人によって、ふりはかなりちがう。

でも、微妙に似ているから、思い出すのに便利。

わけわからないけど、思い出しながら、
手と足を合わせて、ふりをしていると、おもしろい。


スラッキーギターver. のカマカニ。


子どものころの、ピアノの練習をなんとなく思い出した。

ピアノは、右手と左手、ちがう音やリズムを引くのは当たり前。

ピアノの先生の教え方は、こういうやり方だった。

初めての曲も、最初から、右手も、左手も一度に合わせようと思うのではなく、

まず左手は左手、右手は右手で、練習して、弾けるようにする。

そのあと、右手と左手をゆっくり合わせる。

すると、いつのまにか弾けるようになっていく。

苦手な場所ほど、ゆっくりと、確かに、何度の練習して、たしかな音をみにつける。

そうすると、最終的にはかえって、そこが得意なところになっていたりする。

最初から、一気にではなく、
大きなものは、小さく小さくして、その一部分ずつやれば、
積み重ねで、いつかできるようになる。

何事も、これだな~と思う。

徹底して、地味に、気長に、練習をつみ重ねていけば、
いつかはきれいにできるようになる。

何事も、これだとおもう。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply