脳みそのスペース。断舎離。

人間って、よくわからん。

ひさしぶりに、脳みそのなかが、ちょっとだけ混乱。

人のことに割ける、
脳みそのスペースはどれくらいだろう???

…というか、
じつは、脳みそのスペースは、他人のために使えるものなど、
本当の意味ではないのかもしれない。

すべて自分自身の問題であって、
人のことを考えているといいながら、すべて無駄かも。

他人の問題は、他人の問題なのだから。

他人の感情、心の中、わたしにはどうにもできない。

「ちょっと待って、早すぎるよ」
「そんな大きな期待には応えられないよ」

一気にブチッと関係を断ち切ってしまって、断舎離したら、
すっきりしそうなのに、
そういう時に限って、
「え?なにこれ?」みたいな面白い反応をする人がいる。

好奇心が、人を滅ぼすってやつかしら。

私の癖は、決断を先送りにするとも言われたし、どうにかしなきゃ。

でも、おっもしろいんだもんな~。
計算づくじゃないから、なんだか妙にツボで。

それでいて、わたしの境界線にずかずか入ってくるから、
どうしたらいいか、よくわからない。

直接対決したら、幻想が消えて、
案外、ふいっと離れてくれるかもしれない。

自分の興味や感心、趣味はマニアでレアだと思い込んでいたけれども、
じつは知らないだけで、
趣味や好みだけなら、似たような人はたくさんいるのかもしれない。

趣味や好みだけがあったとしても、
実は、それ以上にも以下にも発展しない関係性もある。

では、なにが人と人とを引き付け合わせるのか。

なにが、個人の差になって出てくるのか。

それは、その人の人間性、心、思慮の深さって気がしている。



色んな人と、バーッとメールして、
だんだんと気づきつつあるのは、
わたしは、わたしの好きなことしているだけで、
十分満足だってこと。

つまり、べつに誰か傍にいないと淋しくて死んじゃうってわけじゃない。

エネルギーの総大量のことを考えれば、
あまり無数の人と交流するのは、エネルギー効率が悪い。

なので、断舎離したほうがいいと思う、
自分に素直になって。

本当に、心地よく感じるものだけを残し、
正直、どこか違うなってものは、手放す。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top