光と風と水と。

ARTICLE PAGE

友達の変化。縁のふしぎ。濃度とバランス。

author photo

ByMari

昨日は、仕事の帰り道の電車の中、急に電話が鳴った。

うれしいお誘い!tomocoさんだった。

横浜駅で降りて、合流。

そしてご飯を食べて、ゆっくりお話しした。

いろいろなこと。

tomocoさんは会うたびに、感覚が鋭くなっている。

人を見る目が、みかがれている。

一般的・常識的・社会的評価というより、

その人の雰囲気や空気、エネルギーやオーラの癖みたいなものを、無意識に見ているっぽい。

それをごくごく地に足着いて、みてとって、自分のこやしにしている。

”自分のfeeling、好き・嫌い、心地よい・心地悪い、なんかちがう・なんか合う”、

tomocoさんはだんだん、そういうのがとても敏感になっているんだと思った。

前も敏感だったろうが、よりクリアに、明確になってきたんだろう。

目が、変わっていた。顔の感じとか、肌から出る照りつやとか、やわらかさとか。

人が変わっていくのを見るのは、とても楽しい。

わたしもいっぱしな、顔相観になれそう?!(笑)。

peach

”縁のふしぎ”を感じる。

話の流れで、一年ほど前に、ある人から言われた言葉を思い出した。

その人は、その人がいるような場所へ、私も行けばいいと言った。
わたしが、その人のことが、好きだったから。
そしたら、そういう人が、みつかるよって。

その言葉が、ずっとどこかに残っていた。

「そうかな~?」
「いや、そういうことじゃない気もするんだよな~」

彼のような人がいる場所へ行けば、
また彼のような人に、出会えるのだろうか。

行動的といわれるわたしなのに、
ふしぎと、その人が行きそうな場所を探して、行かなかった。

なんとなく、違う気がした。
そうじゃない気がした。

いまさらだけど、
縁とか、運命ってある気がしている。

自分はいいなと思って、惹かれていても、
本当に合う人は、別にいたりする場合も、多い。

きっと、単に、合わなかったんだと思う。
その人と、わたしでは。

その人には、その人とぴったり合う人がいたし、
わたしには、わたしで、もっと合うタイプは別にいる。

わたしは、だれよりも、私自身のことをよくわかっていない。

だから、いま、この場所に立って、
「これでよかったな~」としみじみ思うのだった。

sando

熊野を旅していたとき、
じつは、けっこう若い男の人に親切にされたり、お話ししたりした。

といっても、ごくごく健全な、旅人をねぎらう地元の人と、旅人って感じの会話。

印象的だったのは、
熊野那智大社でちょこっとだけお話しした、若い神主さん。

なんともいえない、さわやかで、線が太くて、健康的な感じの人だった。

わたしはずっと、女性的な、物腰の柔らかい男性が好きだと思い込んでいた。

でも最近、じつは男性性のつよい、男らしい人のほうが、
じつは合うのではないかと、気づき始めている。

自分の歴史を振り返ってみても、
向こうからやってくるのは、やたら、そんな感じだった。
一見そう見えなくても、ふたを開けてみたら、そんな感じだったり。
男性性が強い人ばかりだったから、うんざりしちゃったのかもしれない。

でも、自分自身が成長してみれば、そんな人も、かわいいもんだ程度にしか思わない。

たぶん、自分が思っているより、わたしは女性性が強いのかもしれない。
環境的にも、生活的にも、仕事的にも。

だから、バランスなんだとおもう。

濃度の問題。

よく男女は一対みたいに言われるけど、
ほんと、お互いの存在で、バランスとってるんじゃないかな?と思う。

fall

・・・経験のジェットコースター。あいかわらずですが。

平和であたたかで、無条件な愛にふれた場所や時間が、
ずっと、わたしのなかにあるので、
大丈夫。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply