光と風と水と。

ARTICLE PAGE

ボランティア。癒し。

author photo

ByMari

迷いがなくなったら、すっきりしたのか、今朝はほっこりお気楽。

すべて、ボランティアって感じがしてきた。

そういう意味で、あきらめました。
……お役目?というか。



他人だけじゃなくて、家族でも、友達でも、
パートナー云々にしろ、
ときに、大いに、ボランティア。


人が、こころの奥深いところを開き、くつろげている。

初めて、やっとそれが見せられた。
他の人には、見せられなかった、このこと…なんていって。

わたしはそれを観ている。

人生、そういうことは、あるだろう。

その人もつらかったろう、悲しかったろうとはおもうし、
傍で見守るつもり。

いままでは、わたしも、
相手に理解されたい、わかってもらいたいとか、あったんだとおもう。

こころを癒してほしい、とか。

わたしもそういう人間だったから、その気持ちもわかる。


いま、最初の一歩で癒しに気づきつつあるその人は、
いま、好きなだけ緩めばいいと思う。

それが進めば、こんどは、自分ひとりでもそれができるようになる。

心、ガチガチの不感・無痛状態から、
まずはゆるゆるの感受性ゆったり、
素直に自分をゆるす状態へ、ほころぶ必要がある。



いまのわたしはというと、
じぶんのことは、自分でしかケアできないって思ったところ。

癒しっていったって、一度で納まるものではない。

いつでも、メンテナンスは必要。レベルに応じて、方法も変わって。

いまのわたしは、
じぶんが楽しくなることでしか、
エキサイティングになることでしか、リラックスすることでしか、
エネルギーはあげられない。

ひとに助けてもらうことで、楽になること、
ひとにしてもらわないと、一歩進めないことも、あるけど。

大抵は、自分自身が自分をケアするか、いなかだ。

癒しを受け取るか、否か。


人に癒してもらったり、変えてもらえるくらいのレベルなら、
じつは、ごく簡単なレベルなのかも。

本当の癒しは、もっと深いところ?

fall

じぶんのなかに小さな森や湖があって、
わたしはいつでもそこへ行って、ひとりで風に吹かれたり、
木々のささやきを聴いている。

あと、なまの自然からもらったほうが、ピュアだし、気持ちいい。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply