自分のケアと食べ物。サーファー。

今朝の、知名藤枝さんのブログ記事「エネルギーの消耗」が、
まさに、わたしにジャストな内容だった。思わずカキコミしてしまった。

みなさんも、良かったら、ぜひ知名さんの記事、読んでみてください。
気づかされること、ある人も、多いはず。

食べること、寝ることも、
最近、自分のリアルな感覚と離れて、漫然としていた気がする。

いつでも、心のどこかで、なにか・だれかに思考がとらわれていて、
その思考にフォーカスしちゃってるから、
食べてて、口の中はなんとなく美味しいけど、そんなに喜びは少ない感じ。

ほんとに心から「美味しい!!」って感覚が、毎回はなかった。

そういう時って、
ふしぎに、食べものの組み合わせも、ルーティーン化していく。

体が本当に欲しているものを、栄養云々さておいて、
よく吟味して食べるってのが、大切だと思う。

なので、今晩は久しぶりに、自分で心を込めて、夕飯を作った。
サーモンとアボカドのサラダ風盛り合わせ、
クーシン菜の炒め、カニ足と、シジミの味噌汁、作ってみた。

okazu

食後には、旬のフルーツ!!

suika

こういう小さなことを、丁寧にやる。
それが、自分にやさしくするってことなんだとおもう。

ほんとにその時食べたかった、おいしい味を食べると、
心も体も魂もキラキラ~って喜ぶのがわかる。

たとえば、沖縄の国頭村の道の駅にある、
沖縄の山豚料理の小さな店で食べた、山豚そば。
山豚
にんにくが効いてて、ちょ~美味しかった。
普段、こんなに、にんにくたっぷりなラーメンとか食べないタイプなのに、
世界中探しても、ここでしか食べられないって、本気で感動した。
ちなみに、600~700円くらい。食べたら、元気がもりもり出てきた。

そして、先月行った和歌山で、
地元の人お薦めの、漁師さんのお店で食べた、くじらカツ定食。
くじらかつ
こちらも、サクサク美味しかった。
美味しいものって、口に入れて、噛んだ瞬間、満面の笑みになる。

こういう喜びを、ひとつひとつ、丁寧に積み重ねるんだな~。

結局、そんな自分へのもてなし方が、エネルギーを蓄える方法でもある。

niwatori

なぜ自分をケアすることが、大切なのか。

刻一刻と変化していく日々に、対処していくために、
自分へフォーカスする必要があるから。

ポジティブでもネガティブでもあるような波を、
ゆらゆら揺れながら、バランスをとっているサーファーのようだ。

戦略戦術で「まず敵を知れ」「まず己を知れ」と云ったりする。

でも「己を知れ」と「敵を知れ」って、同時だよな~。

相手を客観的に観察しつつ、押したり引いたり、交渉していると、
状況は錯綜していても、いちいち学びや気づきが多い。

こちらが腰を入れて、正直に接していると、
相手もいよいよ、ポロリと本音を話し出す。
冗談のつもりでも、絶対それ本気でしょって言葉がちらほら。
おいおいおいって思いながら、スルー。

たぶん、いまわたしが取り組んでいる内容を、
誰か第三者に話したら、「え~!よくやってるよ(゜o゜)」って呆れられるかも。


でも、これも、わたしに必要な経験なんだろな、と。

万事、感情移入し過ぎず、客観性をもって、バランスを取りつづけよう。
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

国頭村の道の駅

僕も昨年行きましたよー。
あのあたりまで行くと、完全に日本じゃないですよね。

平戸こそ、行ってみたいです。
子供の頃、お袋からは口外するなと言われて育ったのですが、僕は、広島と東京のハーフでして、被爆二世なんです。
長崎の街を眺めていると、他人事ではない感覚に陥るのは、遺伝子が反応してるんですかね?

福島の子達が、そんな偏見を抱えて生きていく世の中にならないといいのですが。

ブログ、楽しく読ませて頂いています。
ありがとうございます。

僕も新たなステージに突入です。


  • |2012.08.15(Wed)
  • |黒豚さん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

Re: 国頭村の道の駅

国頭村、黒豚さんもいかれたんですね!
沖縄は、名護市を過ぎて北上していくと、ぜんぜん違う空気になっていきますよね。
そうそう、日本じゃない空気。
やんばるの森が濃くて、とても気持ちよかったです。

そうですか。
黒豚さんが、長崎に感じる想いも、風土と歴史と身体性といろんなものが入って、
一言では表現できないものですよね、きっと。
わたしも長崎は3度くらい訪れてますが、南蛮ってこともあって、ちょっと日本離れしつつ、
いろんな時代の歴史や物語が、あちこちにあって、ふしぎな時空ですね。
原爆も、隠れキリシタンも、長崎はなにか感じるものが深いです。

福島の状況と重ねると、過去・現在・未来と繋がりを、考えざるを得ないというか…。
きっと一人の人間の頭で考えても、答えがでないことですけど。
未来のために、今できること。
わたしたちの生き方にかかってますよね。

またゆっくりお話しできる機会があればな~と思います。

黒豚さんの新たなステージ、遠くから祝福&応援してます!!!
  • |2012.08.15(Wed)
  • |マリリンコ
  • |URL
  • EDIT

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

CREDIT

top