光と風と水と。

ARTICLE PAGE

外濠から、うめる。

author photo

ByMari

外濠から攻めていくとは、こういうことか。

攻める側で、よく言われる言葉だけど、
攻められる側でそれを観察するというのは、
不思議な気分だ。

最初のスタートダッシュが、いかに直感的本能的かで、
勝利は決まるよな~。

その直観力、本能的なつよさは、
相手のほうが上だと思う。

しかし、
柔は、よく剛を制す、ともいう。

わたしは、わたしのリズムでいく。

潔癖に、
拒絶し続ける理由も見つからないから、
とりあえず、優雅に受け取った。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply