ウキウキワクワク。他人の機嫌をとらない。満月。

求めよ、さらば与えん。

この言葉、そのとおりかも。

「こうなってほしい!」と、ぎちぎちに期待するんじゃなくて、
ふんわり、「こうしようかな~」「こうなりたいな~」って思ってると、
ちゃんと、そこへ繋がっていく、面白そうな道が出てくる。

ひさしぶりに、自分のエネルギーが元のポジションに戻るのを感じた。

それは単純に、自分自身の興味、好奇心、喜びを追求したから。

ウキウキワクワクの、軽くて楽しい、あの感覚を思い出した。

そうそう、これこれ!って思った。

okinawa

自分のウキウキわくわくモードに戻ってみて、
ふと気づいた。

ここ数週間のわたしが、いかに他人の感情や気分に、左右されていたか。

だから、ジェットコースターだったんだね。

他人の期待を、生きないってことは、
エネルギーを消耗しないうえで、大きい。

たとえば、ふしぎなことに、
つい2日前から、母は妙にまた機嫌がよい。態度が軟化している。

それはいま、私が毎日家に戻る、平日だからである。

これが週末に、わたしが外泊すれば、たちまち不機嫌になるだろう。

しかし、上機嫌だろうが、不機嫌だろうが、
わたしには、関係ないんだよね。

それを「関係ある」と思ってしまう、わたしがおかしかった。

本来的には、相手の問題なのだ。
他人の行動を良い・悪いとさばいたり、思い通りにしようとする、その人の問題。

自分のした、何かの行動で、
他人の反応、機嫌、気分が、さまざまあったとしても、
それは、もう、切り離すしかないと気づいた。

たとえ、相手が不機嫌になろうと、
わたしは、わたしのしたいようにする。
正直に、堂々としたいようにし続ける。

これも、ひとつの修行だと気づいた。

相手との間で、表面的に嫌な思いをしても、
自分の魂に、嘘をつかないことのほうが、大切。

自分の魂に嘘をついて、
人の期待に生きることのほうが、
よほど、生まれてきた本来の意味から外れているし、
自分の課題をこなせず、結果的に、業をつむんじゃないだろうか。

atuta

そういえば、明日は満月。

どおりで、バイオリズムがおかしいわけだ。

わたしの場合、統計をとってみると、
満月の前後は、体調不良になったり、乱調子だったり、情緒不安定になることが多い。

理屈じゃないけど。

かえって、新月の時のほうが、すっきり調子がいい。

満月のときは、なんとなく、
新月に決断したこと、行動を起こしたことがどうなったか、
現状を振り返る。

これもその人のタイプによるのかも。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top