斬る!断つ!・・・手放す。



2年前、病気で1か月半入院して、
なにもかもリセットされて、退院してきた、その日。

「髪の毛が、真っ白になった?」なんて思うくらいに、
入院する前と後では、自分は、違う人間になった気がした。

でも、それはそれで清々しかった。娑婆の空気は、おいしかった。



家に戻る前に、ビデオ屋さんに行き、3本、映画を借りた。

その中の一つが、”KILLBILL”だった。

それまで、まったく興味のなかった、アクション・バイオレンス系のジャンル。

でも、3本借りてきた映画の中で、一番面白かった。

戦う女、ユマ・サーマンがめちゃきれいで、かっこよかった。

暴力シーンも多いけど、それにめげない主人公に励まされた。

世の中、理屈じゃなく、不条理だったり、
不平等だったり、一方的に奪われたり、暴力をふるわれる経験をする場合もある。

喪失、絶望、孤独、孤立無援とか、経験するときもある。

きれいごとだけで、世の中できていない。

バイオレンスものって、そういうのを直球でみせているんだとおもう。

そんな世界で、
ただ、やられっぱなしじゃなくて、
自分の手で切り開いていく人物に、勇気づけられる。



それにしても、10月13日らへんから、
ほんと、新たなサイクルが始まってるのを、ハートで感じている。

これまで長年続けてきた生き癖・パターンと、
「そうじゃない、これはこう対処すればいいのだ」と気づき、新たな選択ができる瞬間が、共存している。

これまで続けてきたパターンを選ぶこともできるけど、
変化・成長を選ぶことも、ちゃんとできる。


何て素敵なこと!!!


そのレベルは、仕事を変える、住まいを変えるという外部的なものから、
人間関係における自分の反応・パターンといった、内面的なものまで、
いろいろだ。



わたしが最近やっとわかったパターンを、いくつかご紹介。


他人に感情移入する瞬間の、自分のパターン。

「あ、これ、感情移入しそうになってる。やめとこ、境界線ひこう」ってわかった。

すると、ふしぎなことに、全然feelingがちがう。


もう一つは、一人でしょい込み、自分を追いつめて、他人から受けとらないパターン。
義理で、好きなじゃないことを、無理にやりつづけるパターン。

「なに、しっかり握りしめてるの?
手放しちゃえば、いいんだよ。考えてるほど、そんなに問題ないんだよ。
わたしじゃなくても、誰かができることだよ。
それよりも、もっと自分がほんとに求める経験を、自分に与えればいい」

手放したら、楽になった。

しょい込み系は、ほんと、無駄だわ。



それともう一つ。
自分のリズム・スピードで、無意識に、他人のこともとらえそうになる癖。

でも、誰しもが、わたしと同じようなスピードとは限らないんだと気づいた。

他人の成長・変化のリズム、スピードを尊重するってこと。

境界線を守り、その人が経験していることを、尊重しようと思った。


あと、キルビルのユマ・サーマンなみに、エネルギーコードを、ブチッと、斬る。

境界線を、しゃきっと、引く。

気合い?
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top