光と風と水と。

ARTICLE PAGE

「決断」と、「原点回帰」。

author photo

ByMari

やっと、今朝から平熱に戻った状態で安定してきました。
昨日のお昼から、ずっと平熱でキープしているので、
いよいよ治りかけてきたってかんじです。

3月31日の昼間に発熱してからの5日間、
熱で身体的に苦しかったのもありましたが、
内面的なデトックス効果がすごかったです。

一言でいうと、
「芋づる式にクリーニングしていったら、大事な原点に戻った」。



結構、熱にうなされながらも、究極の選択に悩んだりしてました。

それも、結局、自分の本心はすでにもうクリアにみえちゃっていて、

「決断するか、否か」

ってだけの話だったりした。


今回の高熱も、いいかげん、気づけ・認めろという、身体からのサインだと受け取った。

「自分が感じていたことを、素直に認める」ということ。


最終的に、ひゅんと言葉が出てきた。

「自由になりたい」

「自分で、自分のことは、決める」

「もう、本当に、自分のしたいように、しよう」

そこから、もう、なにかほぼ、決まった感じだった。

むずかしいと思っていること、無理だと思っていることも、
全部、自分がそう思い込んでいるだけで、
本当の意味では、
本人のことは、本人にしか、決められないんだよね。

宇宙も、なにも、指定していない。決まっていない。

つまり、「決断」してしまえば、
あとは、すべて、ついてくる。

決断するか、しないか。単純にそれだけなんだな。


こんな風に、クリアになっていく過程には、
クリーニングの効果の影響もあるとおもう。




「病気」に対しても、原点に戻った。

「病気」を通して、今回気づかされることは、ますますあった。

わたしが見出した答えは、

『すべて、受け入れていく』ということ。

今後の人生、
「健康」であろうと、ふたたび「病気」になろうと、
受け入れる、ただそれを生きるということ。


どんなに健康に気を配っても、
状態は変われども、死ぬまで、同じことを繰り返すかもしれない。

小康状態と、病気の状態と、何度も何度も。

でも、そうなったとしても、受け入れようと思った。


なぜなら、わたしが、というか、人間が生まれてくる意味って、

もっと深いものだと、あらためて気づいたからだ。


私の考えは、こうだ。

「病気」という現象も、霊的にみたら、過去世からのカルマ・業想念が、

いま、今世で消えていく=バランスをもたらすために、発生している。

ホ・オポノポノ風にいえば、

地球が誕生するくらいからの、太古の記憶から、
現在にいたるまでの、集合意識の記憶、
自分の前世の記憶、今世の記憶、
どの記憶かはわからないけれども、
それらの潜在意識の記憶を、クリーニングするために、
現象が再生されている。

だから、
ただ、いまを生きているわたしが、それを悲しんだり、失望したり、
そのために自分を責めても仕方のないことだと思った。

今世で、
いま、バランス・浄化・クリーニングするため、
こうなっているだけなのだ。

これは、魂に必要だから、ただそうなっているんだ、と。


と、同時に、
自分が、見えない世界の存在から、
とても守られ、愛されているのを感じた。
ガイドや、守護霊や守護神といった存在に、感謝した。



なぜ、今まで、
「病気」に関する他人の考えに、悩まされていたのか。


それも、結局、
「自分を責める」という、わたしの生き癖が、
そんな他人の意見や考えを、引き寄せていたにすぎないのだった。





宗教や、スピリチュアル、精神世界の教えのなかで、
「病気」が、さまざまな言葉で語られる。

なかでも、「病気」が、その人の性格や、
行動、生き方を表すような言い方をする人も、いる。

「あなたが、〇〇だから、眼の病気になったのです」
「あなたの性格が、〇〇だから、そんな病気になるのです」

一面では、それも確かなのだろう。

本人のなにかが「悪いから」そうなったのかもしれない。

でも、その考えが正しかったとしても、
その考えが、人間を本質的に救うわけではない。

・・・と、今の私は思っている。

ましてや、その考えが、
人間の魂を救ったり、癒すわけではない。

むしろ、人間の魂の浄化を害することのほうが、
多いのではないだろうか。

「自分を責める」種を植えるのだから。

みんな、気づかずに、それを受け入れている。

その考えを、受け入れるか、入れないかも、
自己責任といえば、自己責任だけど。

早く気付いてほしい。解放されてほしいと思った。



今回、熱であつい身体をもてあまし、
夜も眠れず、
お祈りしながら、布団のなかで、
わたしと、似た状況にある人、
似た気持ちを味わっている人に、
大声で、伝えたかった。


自分を責めなくていいんだよ。

あなたは、わるくない。

なにも、だれも、わるくないんだよ。

ただ、霊的に、魂が必要だから、こうなっているんだよ!!

いま、魂に記憶されていたものが、浄化されているんだよ。

まずは、力を抜いて、いま、
安全な場所に守られていることを感じて。

あなたを見守る存在が沢山いて、
あなたが良くなるよう、光を当てているよ。

沢山の人や存在に、あなたは愛されてるんだよ。

くるしいなか、耐えている自分を、ほめてあげて。

すこしでも、こころとからだを楽に、
心地よく、ゆったりするんだよ。

人間は、くるしむために、生まれてきたんじゃないよ。

まだまだ、たのしいこと、あるよ。




ベットで聴きなおしたら、泪、こぼれちゃった。
愛を感じた。


長々と書いたけど、
どうしても、今日はこれが書きたかった。

どうしても、書いておきたかった。



関連記事
Share

Comments 2

Eri.  

マリリンコさんー、こんばんは。
お熱下がったんですねー!

そんな中、同じ状況の人にって愛を送られていて、ぐっ。ときています。
受け取らせていただきました。

ときに、自分に正直になるというのはわかっていてもつらい時があります。

誰も悪くなくて...。そうですよね
誰もが皆、これまでのクリーニングで旅の途中なんですよね。
ゆっくり
お大事になさってくださいね。

2013/04/06 (Sat) 21:09 | EDIT | REPLY |   

マリリンコ  

ありがとうございます!

Eri.さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

おかげさまで、昨日からずっと平熱で、解熱剤も飲まずに、平常です。
やっと治りました~。
明日は病院で定期健診ですが、
体力が最近落ち気味なので、しばらくは養生しつつ、
だんだんと体力をつけたいな~って思ってます。

わたしの心の叫び?を、うけとめてくださって、
Eri.さん、ありがとう~v-344v-353

わたしも、高熱のあいだ、ぐるっぐる、あたまもこころも、
いろいろな想いや考えがまわっちゃって、
最終的に、あんなことを、思い至ったのです。

けっこー、どろどろでしたよ(笑)。
いや、もー、どろどろすぎて、それはブログには書けないくらいに(笑)。

でも、どろどろを突き抜けた先に、達観がある・・・というか。

自分に正直に生きるって、
もっとも勇気がいることだったりしますよね。

わたしも、たぶん、正直でいるつもりが、
自分自身に一番正直じゃなかったというか。

本当はこうしたいと思っているのに、先送りにしたり…(苦笑)。
一番大事なところで、自分から逃げていた点に気づきました、今回。

自分のこころは自分が一番よくわかっているから、
道を間違えたって、迷ったって、
いつかは、もっとも自分らしい、心地よい、本当の道にたどり着く日が、
必ず来る…とおもってますv-354

わたしもぼちぼち、マイロードを、邁進しますv-288

Eri.さんのロードも、ますます、きらきら光りますようにv-354

2013/04/07 (Sun) 20:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply