光と風と水と。

ARTICLE PAGE

アゲアゲ~

author photo

ByMari

いま、やっている新しいクロスステッチの図案は、

めちゃめちゃ細かくて、複雑で、かなり難易度が高い。

ぽちぽち縫いながら、ときどき、間違えて、やり直したりしながら、

それでも、たのしい。

刺繍を黙々とやっていると、

ふっと、いろいろ、思いついたりする。


stech


今朝、相方を送り出すとき、

ちょー早朝で、眠気眼で、ボーっとしていたのだけど、

なーんとはなしに、ニコニコしていたら、

「どうしたの?」って聴かれた。


「いや、なんでもない」って言ったけど、

ほんとうに、なんでもなかった。



ムッとしているより、

笑っていたほうが、いいというか、

そういう気分だっただけ。



ふりかえってみれば、

最近は、万事、そんなかんじだな~と思う、今日この頃。



深刻になったり、シリアスになったり、まともに感情移入するから、

重くなるのであって、

たとえ嵐が吹き荒れようと、

ひとりでも、プフッと笑って、

のほほ~んとしているのも、ひとつのコツかな、と。

やっと、体得してきました。


おとぼけ?というか、

どうだっていい、というか。


ユーモアが、大切。

ひとつの、武器みたいなものだ。





蝶々さんの本で、

これからの時代は、女子が、お日様の光のように輝いて、

まわりを明るく照らしだす、みたいなことが書かれている。


つまり、「アゲアゲ~」かあ、と妙に、納得しちゃったりして。


「キラキラ~」でも、いいのだけど。

「うるるん」

「ぷりぷり~」

「ぴちぴち~」

「は~、ドッコイドッコイ!」でもいいし。

その人、それぞれの個性で、かわいいかんじで。


一時期、IKKOが、アゲアゲ~とか云って、ブレイクしていたけれども、

なんか、

はじける明るさというか、

上向き矢印みたいな、オーラ?。

はったりでもいいから、

気持ち的に、30度、上向きめでいこうかな、と。



他人の機嫌をとるより、

じぶんが、ご機嫌ならば、それでヨシ。



むずかしくて、まじめで、ますらお的な世界も、

それはそれで、あるでしょうが。

「俺が、大切なものを、体をはって守る!!」みたいな。

それはそれで、純粋で、キュートで、いじましい世界ですが。



でも、女子はやっぱり、

四季折々のお祭りごととか、行事とか、

ウキウキすることを取り入れつつ、

日々の土台から、キラキラなかんじで、

マイペースに楽しんで、

ちょっとくらい、世間からズレて、おとぼけしててもいいから、

自分の周りから上げていくってので、いい、気がする。



じぶんとは、対照的な存在と、

毎日、顔を突き合わせてみた結果、

感じている、男女の差でした。




わたしにとって、女子アゲのイメージは、
ビヨンセです(笑)。

衣装もキラキラだし、ステージのパフォーマンスが、すばらしい。

かっこいー!きれい!!
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply