光と風と水と。

ARTICLE PAGE

一日のおわりに

author photo

ByMari

ここしばらく、かくじつに、時間が進んでいることを、感じさせられている。

先日の、走水神社といい、
今日の、大雄山・最乗寺といい。

時間は、確実に、進んでいる。

気が付いたら、最乗寺にさいごにおとずれたのは、
一昨年の5月ごろだった。

もう2年も経っているのだ。

あのときの、わたしは、もうずーっと後ろ、
歩いてきた道の、
うしろのほうに、残像として、残っているだけ。


今のわたしは、
あのとき、まったく想像できなかったところにいる。

あのときとは、まったくちがう経験をしている。
楽しいことも、大変なことも。

じぶんは、よく、ここまで来たな~と、褒めてあげよう。

レーネンさんにも、そういわれたのだった。

取り組んでいるじぶんを、そして達成したじぶんを、褒めよう。

もっと、認めよう。



愚痴や、いいわけを、しないように。
こころのなかでも、しないように。
最近、こころがけている。

正直、いまでも、「この選択しでよかったのか?」とすぐ迷うこともある。

わたしって、迷いがちなタイプだったんだな~。

でも、しばらくやってみて、
だめだな~って思ったら、
また、そのとき、選択しなおせばいいんだよなって、今日は気楽に思った。

一度選んだこと・決断したことに対して、
ちょっとしたことで、愚痴や、いいわけ、しない。

まず、やってみるのだ。

愚痴や、いいわけを、
なくす努力をすると、ふしぎに、とても楽になる。

自信もついてくる感じがする。

ただ、とりくむ。
行動するということ。

sora1

じぶんで、じぶんを、認めることができていなかった、わたし。

最近、じぶんの個性が、しぜんと浮き彫りにされて、
どこか、他人のように、
客観的に受け止められるようになった気がする。


「そんな、まさか・・・」
「じぶんのこと、そんな風に思うなんて、ぶりっこ?
いい子ちゃんぶっている?」
なんて思っていたけど。

どうやら、そのままみたいだ。

ごくごく単純で、善良。

ばかみたいに、目に見えないものを、信じている。

光、
やさしいもの、
あたたかいもの。

自然や動物、
風や水、土。

海、山。

それらに囲まれていると、わたしは、ただただ幸せだ。

あとは、なんもない。

じぶんと、それらが、一体化しているかんじ。

それがじぶんだと、おもう。

以前、『アルプスのハイジ』なんて書いたけど、
少女マンガみたいなところ、あると思う。

だから、
他の生命を無視するとか、傷つける、損ねるとか、
奪うだけ、奪うとか、
かんがえられない。

わたしの世界には、存在しないので、
そういう論理がでてくると、混乱して、わけがわからない。


地球って、
理屈という屁理屈が、
たくさんある場所なのだな~。

それを、こやしにして、経験して、磨かれて、魂の成長をするために、来たのだな。

なーんてね。

tree2

大雄山・最乗寺での1日については、また後日レポートします。

みなさんも、すてきなGWを!!
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply