フジコ、千代、止まらない、ハーハ!!

一度、熱が下がったと思えば、
思いがけない症状がまた出て、
熱も出て、また数日、寝込んでいました。

その間も、いろいろ思いめぐりつつ、
手放すこと、いっぱい。

今回、気づいたことは、
「じぶんが、じぶんを、責めている」んだなってこと。

斎藤一人さんは、なにかのCDで、それを「心の中の悪徳裁判官」といっていた。
あれかもしれない。

誰しもの心の中に悪徳裁判官がいて、
それは大抵、
過去の経験で刷り込まれた「劣等感」「価値観」だったりするのだ。

それで、自由に型破りに生きようとするじぶんを、
すごく、気づきにくいラインで、疑ったり、責めたり、疑心暗鬼にさせる。


あーあ。そっかあ~って思った。



ベットで寝ながら、
フジ子・ヘミングの『運命の力』という本や、
宇野千代の本を、読み直し、
一つの、答えを得た気がして、こころが元気になった。

フジ子・ヘミングは、
長いこと落ちぶれていた時、病院の掃除婦をしたこともあるそうな。

パトロンを持つように言われたけど、そんなあてもなかった。

音楽の世界は、一日何時間も練習しないとだめだから、
お金持ちの家の人でないと続かない。
そして、後押しのある人がうまく世に出て、
「一流」と呼ばれいたりする。
だけど、そんな人の音は、二度と聴きたくないような音ばかり、と書かれていた。

光が当たらなくても、
じぶんの音は、一番だと根拠もなく思っていたし、
音に、自分の人生や生き方が出ているというようなことが書かれていた。


実際、フジコ・ヘミングのあの演奏、音を聴くと、
上手下手を超えた、理屈じゃない感動、
魂ゆさぶられる感動があるのは、
彼女のすべてがそこに出ているからだろうな~と、いつも思う。


人生って、わからないな~と思う。

でも、前のわたしより、
絶対、いまのわたしのほうが、文学も、小説も、わかるとおもう。

しみじみと、入ってくる。自分のことのように。

大学の通教の添削をたまたま頼まれ、今年の四月からやり始めている。

その一環で、中島敦の『李陵』と『山月記』を読み直した。

李陵の描かれ方、世界観が、なんともいえないリアリティだった。

以前読んだときと、全然ちがう感触だった。

文学は、結局、理屈を超えた人間のなにかを描くから、
わたしは、本能的にそれに惹かれ、選んだんだろうな、と思った。



宇野千代だって、そうだ。

彼女は、とことん、行動する。

超ポジティブシンキング。

でも、普通の人じゃ、それは、なかなかできないことだ。

四回結婚して、すべて離婚。

世間じゃ、考えられない人生かもしれない。

自分に嘘をつかない生き方。

でも、彼女のようにやりつくすとで、一つの思想、哲学まで到達してしまう。

さらに、それを表現することによって。

「いい・悪いじゃなて、自分の本能のまま、
とことんやりつくしちゃえば、いいじゃん。

だれが、どうおもおもうと、いいじゃん」

宇野千代の、あいらしいパワフルさの前で、そう再び思ったのでした。





そして、最近、なぜか妙にまたツボなのかが、
E.YAZAWA。

なぜか彼の曲を聴いていると、元気になる。

ロックぽいのもいいし、バラードも、いい。



特にこのライブ映像は、イントロがいい。
リピートで聴いてしまったりして、
ほんと、止まらない、ハーハー、である。



矢沢永吉にも、伝説がいろいろある。


わたしはもともと、彼には全然興味なかった。
雰囲気とか、なんか、寄り付きがたくて(笑)。


しかし、以前、なにかの対談番組で、
彼が、自分の人生について語っているのを聴き、
見直した記憶がある。


信じていた人に裏切られ、
詐欺か何かで、30億の借金を背負ったとき、
誰もが、もう矢沢永吉は終わったと、思ったそうだ。

そんなとき、

「じぶんは、矢沢永吉だ。

だから、ここからもう一度、立ち上がってみせる」

と思い、実際、完済し、復活したという話だった気がする。



若いころから、自分は一番いいとか、成功するとか、
自分で自分に言い聞かせていたという話も有名。


自伝を読むと、決して順風満帆な生い立ちではないし、
彼のロックは、
ほんと、パンクロックにちかい感性から始まっているとわかる。


もう60代なのに、パフォーマンスもこのとおり。

この人は、意外に完璧主義で、エンターテイナーとしての本気度高い。

あらためて、かっこいいと思った。

きっと、この人の音や歌にも、
彼のいろいろな経験が入っているから、
ファンがいるんだな~と感じている。

経験に負けてしまうんでなくて、
血肉にして、昇華してしまう、タフさ。


そして、一番好きなバラードが、これ。



こんなバラード、歌っているあたり、ブルースの才能も感じる。

タフさの裏に、
人のこころの痛みや、切なさもくみ取る、
ブルース的なものを感じる。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

CREDIT

top