ゆったり、アロハなきぶん

昨日から、実家の養生を終えて、
またアパートのほうへ、戻ってきました。



高熱が出てから、なんだかんだで、2週間くらい、実家にいました。



今日は、またもや持病の定期検診で、国立病院に行ってきました。

「最近、ちょうしわるいね~」ってことで、

月1ペースで診察だったのが、とりあえず、2週間後に再度診察ということで、

安静にしててねとのことでした。



なにを引きずっているかって、

高熱が出た後、熱の症状は治まったのですが、

感染症になってしまったらしく、

鼻の付け根から赤く腫れて、痛むという、なぞの症状になり(笑)。

まだ痛いのであります。


でも、ま、熱はおさまっているから、
感染症のほうは、
ぼちぼち栄養とって、休養とって、治すって感じですかね。

耳鼻科の先生にも、「めずらしい症状」とか言われちゃったよ(笑)。

副鼻腔炎とか、蓄膿症とかではなかったから、良かったです。





つい数日前、実家にいたころ、なぜかイケイケモード的なじぶんもいたのですが、

この家に戻ってきて、ひとりでいると、

すごくゆったりした気持ちになるから、ふしぎ。



なんだかんだで、おもいっきりアクティブにはじけたいわたしと、

のんびり、じぶんのペース、・世界を、平和に広げたいわたしと、

どちらのじぶんもいることは、

だんだんと、性質として、わかってきているかんじ。




シフトしていく段階なのかな?




昨夜は、

ここのところ、ずっと煮詰まって、とらわれていたことを、

正直に相手に伝え、話しあったってことも、気楽になった一つ。

ひとりで考えているよりも、

話してみたら、すとんと楽になった。

思い詰めていたのが、あほらしいくらいに。




結局、「迷い」なんだよね。

いろいろな場面で、小さな「迷い」が出てくるとしたら、

それはお試しなんだとおもう。

自覚できていない「迷い」は、ただの苦痛だけど、

迷いを取り除いて、よりきれいに、まっ正直になるために、お試しがあるんだとおもう。

迷いを自覚して、

見極めるところまでいくと、あとは手放すだけ。

すべては、手放すためなんだな。



昨夜、手放したら、またぐんと、楽になった。




ここ数か月の流れや、日々のことを観察していて、

ときどき、感じること。

物事、人生って、

自分の意志で作られることもあるけど、

おおくは、無理して、なにかすることじゃないなってこと。

コントロールできないことが、ほとんどだよね。



努力や情熱も必要だけれど、

無理は、ちがう。

無理したり、力んだりしてやったことで、まとまることって、ほとんどない。


無理して、まとめられても、
あとで、不備が出てきたり、長く続かなかったりする。




物事は、自然に、おさまるところへおさまっていく。

流れるところへ、流れていく。



だから、人間のちいさな考えて、

あれこれ悩んだり、

無い物ねだりしても、しかたないんだな~っておもう。




自分の正直な気持ちさえ、わかって、おさえていれば

あとは柔軟に、そのときそのときを、楽しめばいい。



なにが好きか、心地よいか、どんなふうな自分が自然なのか。

それさえわかっていれば、

あとは、流れのままに、受け取ったり、与えたり、手放したり、

いなしたり、ときには脱力したりしながら、

流れていけばいいのだろう。




急激に?
なんだか、ものすごく脱力、
ゆるゆる、おひさま、ひなたぼっこてきなモードが、
ふたたび、戻ってきました・・・。



なるようになる。なにごとも。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top