運命の音。クリスタルヒーリング。

先日、たまたまNHKを見ていたら、

佐村河内守さん

のインタビューがやっていた。

あとで調べたら、
この人は、NHKのドキュメンタリーで取り上げられ、
今年4月には、金スマにも出演するなど、
なかなか、話題になっていた人のようだった。

現代のベートーベンなんていわれている。


広島の原爆二世の人で、
音楽を志していたけれど、
高校生の頃に、被ばく症もあって、
聴力に異常をきたしはじめ、
35歳にして、全部の聴力を失ってしまった、音楽家。

いまでも、さまざまな症状や後遺症、精神的な症状も抱えて、
一日30種類の薬を飲んでいるそうだ。

聴力障害のため、激しい耳鳴りに苦しめられる日々。

彼は、聴力は失っているけれど、
絶対音感で、作曲を続け、
交響曲第一番”HIROSHIMA”を作り上げたそうだ。


なにげなく見た番組だったけど、その数分の中で、
彼自身が語っているのをみて、
わたしも、深い感銘をうけた。

彼が語る言葉は、重く、深い言葉ばかりで、
なぐさめや、安易な励ましなど、なんの意味もない風だった。

絶望とか、悲しみ、苦しみ、怒りとかを、

へんに簡単に妥協でくるんでしまうんじゃなくて、

闇をあじわいつくした人の気配でいっぱいだった。

でも、その闇を突き詰めていった結果、
さいごに、かがやく光こそ・・・ということを、彼はくりかえし云っていた。

「人間は、闇の底に突き落とされて、初めて、小さな光を知る」

「心の闇に、光を」

「小さな光の交感」

わたしは、聴きながら、メモ書きした。

世の中には、すごい人がいるもんだなと思った。

きっと、これは彼にしかできない芸術の形だし、表現。

じぶんを、突き詰めていった結果、こういうものが生まれたんだろうな。

そういう、感動。

にんげん、人生に無駄ってことはなくて、

すべて必要な経験だし、その経験から逃げずに生きていれば、

かならず、光が訪れるんだっておもう。



最近、興味をもつものが、なんとなく広島に縁があるものが多い。

行きたいな~って思っている、厳島神社は、広島。

矢沢永吉も広島出身。
かれも、原爆二世だったと、自伝に書かれていた気がする。

わたしは、研究で、
被爆作家・林京子について書いていたことがあり、
長崎の原爆については、調べたり、考えたりしたことがあった。

でも、さらに規模の大きい、広島については、あまり深く考えたことがなかった。

「ふつうのひと」と同じ、常識程度の認識。

正直、広島というものを、
ふかく感じたり、考えたりしようとすることを、避けたい気持ちもあった。

それは、沖縄のひめゆりの塔や、鹿児島の知覧特攻隊のことを、
なるべくなら考えたくないように。

子供のころ、小学校で見せられた、はだしのゲンのアニメから、一歩も出ていない。

ただ、こわいこわいの世界。

でも、これだけ時間が流れ、

歴史に対する認識もより個人として抱けるようになった今、

じぶんがどう感じ、なにを思うのか、

平和ってなんだろうと、

人間の歴史として、もういちどかんがえるのも、いい経験だと思ったりする。



先週土曜日、riekoさんに、クリスタル・ヒーリングをしてもらった。

予定をついでにこなしてしまおうと、
午前中~昼に、恩師との打ち合わせに行ったのもあり、
その日、気温が急上昇したのもあり、かなり、体調は不安定だった。

クリスタル・ヒーリングをしてもらったら、
ゆるんで、ほどけてしまったのか、ぽか~んって感じになってしまい、
いつもは、それなりテンションも高めかもしれないけど、
かなりマタ~リしてしまった。

なんだか、小学生のころの気分を思い出したのだった。

云ってもらった言葉も、
じぶんじゃ気づいているようで、気づいていないようなことが多く、
「そうかも?!」と、
あらためて、自分の生活(内外の)みなおす気持ちになった。

riekoさんお手製の、
おいしいタイカレーと、春雨サラダもいただき、のほ~んと帰宅。

おいしいタイカレーとサラダで、
気づいたのは、
人が作ってくれたご飯食べるのって、しあわせだな~ってこと。

ここ二週間あまり、自分が作った食べ物ばかり食べていた。

外食とは、またちがうんだよね。

知っている人が、ちゃんと作ってくれたご飯って、心満たされる感じ。

わたしは、なにか、受け取り足りていないんじゃないかとかんじ、
翌日は、やる気が起きず、
ご飯も作る気が起きず、
おもわず、実家に戻って、夕飯食べちゃいました。

それでも、かなり元気になった。

小さなレベルから、
自分に、許可できていない、じぶんってものが、
かなりいるな~と自覚した次第。


riekoさんが、ハートチャクラのところで、
「母性」って何度も云ってくれたけど、
じぶんなりに、それも感じるところがあり・・・。

「母性」は、やりすぎちゃうほどに、母性なんだな、わたしは。

でも、わたしも受け取らないと、
ある一線をこえてくると、きゅうきゅうになってしまうのだ。

きゅうきゅうになった結果が、いまの、状態なんだと思う。
体のことにしろ、なにか、じぶんでもバランスとりきれない。

この欠乏症を、じぶんでケアしていくつもり。

riekoさんアドバイスも生かして、
自分の好きなことをしたり、
水辺や、プチ旅行に行ったり、なにかしらする。



ふりかえると、あの日は、ふしぎで、
午前中に会った恩師たちにも、
健康のことをしきりに聞かれたが、「厄年」の話がけっこーでた。

わたし、後厄なんです。今年で33歳だから。

厄払いは、前厄の年(一昨年)にしてもらっていたけど、
いまひとつ手ごたえのない祈祷だった気がして。

昨日、地元のお世話になっている神社へ行って、
丁寧に厄払いの祈祷してもらっちゃった。

それでも、すこし、スッキリした気がした。
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

まりちゃん
書いてくれてありがとうね☆
  • |2013.06.18(Tue)
  • |rieko
  • |URL
  • EDIT

代替画像

土曜日はありがとうね~

riekoさん、あの日は、ありがとう。

クリスタル・ヒーリングもとてもよかったし、
riekoさんと一緒に過ごしたから、
じぶんのまんまで、ぼ~っと緩めた気がします。
ありがとうね~。


クリスタル・ヒーリング、
なるほど~って感じること、あのあと、多々あり(笑)。
たしかに、流れや、感じ方が、変わる気がする。
繊細、敏感になるというか。

一週間過ごしてみて、また感想を、送りますv-344
  • |2013.06.18(Tue)
  • |マリリンコ
  • |URL
  • EDIT

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top