光と風と水と。

ARTICLE PAGE

ホラー映画『ムーちゃん』

author photo

ByMari

昨日は、
おそらく今月で一番の、びっくり、異次元な時間を過ごした。

・・・
昨日の朝、洗濯機をまわし、朝食を食べて、洗濯を干して、お皿を洗って、
バイトの研修の用意もして、
あとは出かけるだけってとき。

そう、あれは、10時になる、5分前。

いつものように、テレビは『スッキリ』で、テリー伊藤がおもしろそうに、何かを話していた。

そのテレビの上、
まっしろな壁の真ん中に、
なにか細長いものが、動いているのではないですか。

目の錯覚と思ったが、
意外に、着実なスピードで動いている。

「ぎゃーーー」

とは、叫ばなかった。

パニックになったとき、

恐怖の時、

ひとは、なにも、言葉が出ない。

心の中で、ただ「どうしようどうしよう」と繰り返していた。

即座に、
携帯電話を手にして、母に電話。

誰かに、とにかく相談しないと、こわくて、いられない。



そう、それは、

体長10センチくらいの、ムカデでした。

胴体はこげ茶色、
足は、あざやかな赤。


あまりにリアルすぎて、気持ち悪すぎて、

「ムカデ」という単語を見るのも、こわい。思い出してしまう。

よって、以下は、「ム〇デ」と表示しよう。




こんなに、怖いと思っていなかった。

すでに、庭では、二度ほど目撃していたが、
家の外で遭遇するのと、
家の中では、全然、ちがう。


わたしは、かれが嫌いのようだった。

名前を口に出すのも嫌で、
今日も、「ムーちゃん」と、呼んでいた。

生き物好きだけど、
どうやら、虫だけは苦手で、
なかでも、昆虫類は苦手だと、自分の好みに気づく。


人間、おもしろいもので、

よっぽど怖かったらしく、

しばらくは、またどこからか、ムーちゃんが出てくるのでは?

と、家の中にいるだけで、不安になった。


ちょっとした、ホラー映画の登場人物みたいな気分。


一応、バルサンを焚いたら、
リビングの真ん中で、成仏していたムーちゃんを確認したから、
もういないから、安心のはずなのに・・・。


「また出てくるのでは?!」って。


その恐怖心が、わたしにしては、
ちょっとふつうじゃなく、しつこかったので、
ホ・オポノポノのクリーニングを、丁寧にした。


「あ」と、思った。

よしもとばなな『イルカ』の、剥製のエピソード。

あの不気味さや気持ち悪さに、妙に重なった。



ひとは、そのときそのときで、なにか嫌な予感・予兆があって、

それが時々、なにかのサインとなって形になる気がする。

『イルカ』も、それをさりげない描写の連続で、上手に描いていた。

よしもとばななが、ホラー映画や、ゾンビ映画が好きなのも、わかる気がした。

とても、上手。あの違和感の描き方。


私の場合、ムカデだったんだ~って思った。



ここ最近の、モヤモヤした、低空飛行のくうきが、

ついにクライマックス!

具現化か~~!!!!

って感じだった。



でも、ふしぎに、それを乗り越えたら、すっきり。




フラワーエッセンスを選ぶ際、

50数枚の花のカードから、

最終的に、一番好きな花と、嫌いな花を、一つずつ選ぶ。

あの、嫌いなほうの花が、

もしかして、ム〇デ的ものなのかもしれない。


そんな、自己分析。


どうしても、好きになれない、怖い、気持ち悪い存在も、

じつは、じぶんのなにかをあらわす、一側面なんだよね。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply