バイバイ、過去のみなさん

今月もあと数日で終わるわけですが。

なんとなく、今月は中盤戦をこえたあたりから、
ひとつ、サイクルみたいなものを感じた。

「過去からの、ノック」
「過去との再会」



一時期、かなり濃く交流があった人たちで、
いまは、あまり会うこともなく、関係が希薄で、
「過去」となっている人々。

そんな人たちから、連絡があったり、仕事の流れで再会したり。

最近、全然思い出してなかった人が、夢によく出てきたりした。


ふしぎなもので、
その中でも、「再読み込み」されて、まだどこかしら生きている関係性と、
完全に「過去」で、なんら今は生きていない・活きていない関係性と、
明確に分かれている気がする。


昨日も、前の職場の人から、メールが入ってきた。

風の便りで、
わたしが四月に、転職先を辞めていたと聴いたから、
メールしたとのことだった。

返信が、なんとなくおっくうで、
そのメール、いまだに放置してしまっている。

このラインを生かすか、殺すか、自分次第の関係だろうけど、
なんとなく、ワクワクさを感じないから、
終わってんだろうな~。



他人に説明するのが、面倒くさいって思いはじめた。

今の、わたしの状況を心配しているような感じの文面だったし、
たぶん、単純に心配・同情が、50%だろうけど。

じぶんの失職やら、持病のことや、
体調や、体力のなさやら、話せば話すほど、
なんとなく、相手の中でふくらんでいく何かみたいものが、
面倒くさいらしいと、気づいた。


気心知れている人なら、そんなこと感じないし、
自然体で、じぶんの現状として、そんなことも話せるんだけど。

たぶん、その人が、
結婚して、子育てもしてながら、
仕事をもって、バリバリ働き、
プライベートも、バリバリ充実させているのが理想の生き方と、
ガチガチに信じてる人だと、知っているからかもしれない。


「うーん・・・」
と思いながら、落差、温度差を感じつつ、

「あー、じぶんが本当にやりたかった(ありたかった)ことって、
彼女やあそこのエネルギーとは、
全然ちがうんだな~」
と、あらためて、しみじみ。


じぶんのいま、立っている地点。

新たに、私が開拓している場所を、再確認するための、

「過去との再会」だったと、

やっと今月末になって、納得した次第。





FMやんばるの、6月25日のナマなまナマステーで、
知名藤枝さんが
人がどうこうとか、
人にどう思われるから、やるとか、やらないとか、じゃない、生き方についてを話していた。



この夏は、ほんとのじぶんに、なっていく時期なのだそうです。

秋に本格始動するまでに、準備しながら、初めて行く時期なのだそうな。

じぶんの殻を破るしかない、らしい。

じぶんに、あきらめないで、じぶんを変えるためにコツコツ努力する。

人に見られて、がんばっている自分を演じるのも、殻。

じぶんには心地いいのに、
これ、わたしはテンションあがるけど、ほかの人どう思うのかな~って躊躇してやっているのも、
じぶんで自分をプッシュしてあげる、勇気づけてあげるのが、大切らしい。

結果ではなく、プロセスが大切って話もあった。


とても、メッセージを感じた。




ここしばらく、一人で温めている、”楽しみ”があって、
それをやっていると、他のものから影響を受けず、
じぶんのなかで調和できている感触がある。


とりたてて、
あまり人に話したり、説明する必要もないかな~と、なぜだか、おもう。

なんとなく、人に話してしまうと、
その楽しさが減ってしまう気がしている。

ただ、やりたいようにやってしまえばいい、なんて気分。

ただ、楽しみたいだけってことなのかもな~。


マイペースに、
ただ楽しむことを、じぶんに許可することにした。

たぶん、他人に説明するって、
他人に、肯定や賛同をもとめている気持が、どこかにあったのかもしれない。

マイペースに、ただ、楽しむ。


関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top