"Everything's gonna be all right"

嵐の中、

真っ黒な空の下にいたような感じが、数日続いて、

でも、昨日は、

すこしだけ光が差し込んだ日でした。



きゅっとしまっていた緊張が、

ふわ~っとゆるんだところで、ショッピングに行ったら、

お店で、”NO,WOMAN,NO CRY”が流れていて、

耳に入ってきた。




レゲエはくりかえしのリズムが多いけど、

”Everything's gonna be all right”

のフレーズが響いて、

ひとり胸がジーンとした。





なにが起きているか、ちょっと今は説明できないけど、

同じような悩みや不安を持つ人のため、

一つの事例・体験談として、

そのうち落ち着いたら、書こうかなと思ってる。




でも、おもしろいもんで、

ほんと、みずがめ座の時代は、変化はマッタなし。

来るときゃ、来る。

で、来たら、じぶんでサクサク選択するように迫られるし、

行動していくようにプッシュされる。




「変化」って、

じぶんが予想のつかないところから、経験としてやってくるんだな~。

じぶんの殻を破るための経験って、こういうことなのかな。




頭で考えたら、

決断するのがとても難しいことだし、

誰が聞いたって、正解や答えが出せない。


当の本人も、悩みに悩んでいる。


しかし、結局、じぶんで答えを出すしかないんだな~と、日々実感。

わたしが、最終的に覚悟するか、否かの話。


直感として、答えは感じているけど、

その勇気がないのかも・・・。



ウィリアム・レーネンさんがよく云っていた、

「未来はだれにも分からないし、決まっていない」って言葉も、思い出した。



想定できることは、気のすむまで、ひととおり調べてみて、

決断して、覚悟を決めるだけで。

あとは、未来にどうなるかを思い煩いつづけても、しかたないんだよね。



それよりも、

じつは、いま、わたしに訪れている、

奇跡のような経験とひとときを、大切にしたいと思った。



たとえ、未来がどうなったとしても、

「いま」「現在」を、まず大切に、

思い残しのないように、存分に味わって生きようと思った。



そう思ったら、

けっこう、この出来事は、うれしいことだったりする。


本来なら、手放しに、みな喜ぶことだけど、

わたしの状況が状況だから、こんなに混乱しているだけで。




でも、こんな一つ一つの一喜一憂も、

経験として、いろんな気づきや学びとして、

訪れているんだとも感じる。


だって、すべてが順調すぎたら、

いろいろなこと感じたり、気づいたりしないもの。



困れば困るほどに、

大切で、大切で、

むげに愛しくて、愛しくてと思う。

感動が、ひとしお。

そう思うことにしている。



これ以上、がっかりしたくないから、

ネガティブな想定ばかり、ここ数日、選ぼうとしたけど、

物事には、光の可能性と、影の可能性があって、

どちらを選ぶかは、

その人次第なんだろうなとも、思いはじめた。




光の可能性を、集めるか、

影の可能性を、集めるかで、

その人の世界観も、変わってきてしまう。



どうせ結果が誰にもわからないなら、

光の可能性を信じようかな、とも思い始めた。




とりあえず、結論を出すのは、一か月以内でよいようなので、

しばらくは、ゆったりと、気楽に過ごすつもり。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

CREDIT

top