CHOCHOサミット最終章に、参加してきました

昨日は、日比谷公会堂で開催された、蝶々さんのイベント、
『夏だ!蝶々LOVE祭り』に参加してきました。

詳細は、こちらでどうぞ。
『CHOCHO生しぼり』


いや~、正直、
体調問題が第一にあったので、
行けるか、行けないか、
かなり勇気いるところだったのですが、

気持ち最優先で、選択。

冷房対策、熱中症対策、疲労対策ばっちりで、
旅の道連れの、姉にもサポートされつつ、
なんとか、行ってきました。



CHOCHOサミット、第三弾であり、最終章だった、今回のイベント。


無理をおしてでも、参加して、正解だった。


蝶々さんのいう、「愛」が、一部・二部と話を聞いていく中で、

だんだんとわかってきた。


なかでも、印象的だったのが、こんな言葉。

「愛と希望が、最強のカード」

「愛の形はどうでもいいけど、愛の行為をすること」


サミット第一回は、「光」がキーワードだったそうだけど、

「光」は、わたしたちが目指すところであって、

この世で生きていくうえで、

「愛」は、わたしたちの内在的な、現実的なコアの部分だという気づきもありつつ、

今回は、三回目のテーマになったのだそうな。




こんなことも、云っていた。


地球へ生まれてきた、修行として、

「想いを、形にすること」「形をつくること」も、修行なんだって。


”想い”だけあっても、地球では機能しないから、

蝶々さんも本を作ったり、

みんなをアゲアゲするグッツを作ったり、イベントをしているとのこと。


その後も、参加者の人がいろいろと質問&相談して、

どこかしら、なにか繋がっていることが多くて、

少々、堂々巡りだったり、本人が問題や感情の整理して切れていない人も多かったけど、

参考になった。




個人的にびびっとくる内容が多く、一部で、とても感動してしまった。


ここにきて、ここ二週間のグラグラ、ジェットコースター的な葛藤が、

大団円を迎えた気がした。

ある一つの決意が、固まった。

ここ一週間、ヒント的なメッセージを、人から受け取っていたけど、

このイベントで、自分の中で、答えを形にできた気がする。





蝶々さんのイベント中に感じたこと。

今の時代、

「こうしたいんだけど~、でも、勇気が出せなくて~」とか、

「これが一般論では好条件で良いこととされている。

でも、なぜか、ときめかなくて、つまらない」とか、

立ち止まっている場合ではないのですな。



「本心」と、「頭で考えた損得的?良いこと?」と、

二つの間で分離して、ぐるぐるしている場合、ずっとそこにいるしかない。


たぶん、そういう人は、ずっとそこにいるしかない・・・気がした。


迷っていて、悩んでいるふりして現状維持なら、それはそれでいいけど、

ただ、あまりに本心を偽ったり、隠ぺいしたり、見て見ぬふりしていると、

したいことをしている他人に、行き場のないエネルギーをぶつけたり、

ねたんだり、嫉んだり、おどろおどろしくなって、

お化けさんになってしまう・・・。


でも、本当は、もう今の時代は、
葛藤しながら、選択しないままで、妥協するとか、
そういうのって、ちがうんだよね。

本心に正直になって、進む。
進むしかない。
変わるしかない。
変わっちゃえ・・・な時代なんだと思う。

動いちゃって、変わっちゃったほうが、楽な時代なんだと思う。


だから、あんな風なイベントに、沢山若い女子が集まるし、

みんな変わりたくて、

背中を押してほしかったり、気合を入れたり、励まされたくて、来ているんだと思う。



「とにかく、やりたいことあったら、やっちまえ」


という言葉が、

昨日のサミットをふりかえっていた私の頭に、ふたたび舞い降りてきた(笑)。

こういう感じが↑、実は、とっても好きである。



最近、わたしは自分としてはあまりダイナミックには動いておらず、

これでいいのかな~なんて思いながら、日々過ごしていた。

でも、去年までの自分をふりかえったら、よくあんなに動いたな~と感心するほど。

まさに、「やっちまえ」的な夏を過ごしていたし。

ある意味、昨年まで気合でやりつくしたから、

今は、また別の経験がやってきているし、

こういうリズム&サイクルも納得~と思った次第。

これはこれで心地よく、
無駄なりきみを手放して、
のんびり、のほほんで、良いのだと。



なんか、腹積もりが決まったら、
ちょっと明るく、前向きな気持ちになれて、
愛や感謝なんかが、ふたたび、湧いてきた。



ある決意と、
根拠のない自信。
それも、愛のおかげだな。



最近、テレビを消して、ラジオを聴いている。

この曲、ちょっと聞いてサビがいいな~って思って、あらためて聞いてみた。

キラキラ感がいい。

恋の歌なんだけど、それを超えた、愛っぽいメッセージというか、

ハッピーで、元気な明るい感じがいい。

「泣きたくなることもあるけど ほら笑顔見せて 
 一秒後 奇跡が始まるから~」

なにげに、この人、いいね。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top