言葉の力。心の持ちよう。

なーんにもしないで、
昼寝しては起きて、
ご飯食べて、
ちょっとだけ本読んだり、テレビ見て、
ふたたび、寝て、
起きての繰り返し。


で、薄皮をはぐように、
すこーしずつ、耳の聞こえにくさは軽減されてきた。

一番わるかったときが、5~6なら、
今朝は、1~2くらいの感じだった。

音も、割れて聴こえるのが、若干良くなってきた。


耳にこうした症状がでたのを、
じぶんなりに、意味を考えてみた。


なにか、聴きたくないことがあったのかな。と。

そう思ったとき、

一番に思いついたのは、

たぶん、膠原病の主治医にいわれた、宣告みたいな言葉。


たぶん、あれが一番聞きたくなくて、

先月の、ムカデショックの後に、しばらくムカデ恐怖が残っていたみたいに、

恐怖が、わたしのなかで残存した気がする。



言葉の力って、あるとおもう。


たぶん、悪気がなくて、それがむしろ義務というか、
仕事上の倫理感で告げていると思うけど、
直で受けちゃったら、やっぱりショックだし、
人は、そのまま受け入れてしまう。

それが、確実な未来であろうと、なかろうと。

だって、医者自身、どんなふうになるか、絶対はないし、
確証はないって言っていた。

でも、「医者」という人から告げられる言葉は、力をもつ。

すくならかず、そう思っていたから、
わたしは引きずられた。

その先生の想定ややり方を信じるか、
また別の先生の想定ややり方を信じるかは、
本人次第だ・・・とは、後でおもったこと。


もうちょっと、わたしも、自分の”守り”を強くしなきゃな~と思った。

人の言葉を客観的に受け止めて、
じぶんの軸で判断する、強さをね。


こんなこともあって、
しみじみと思ったのは、
未来を選ぶのは、今のじぶんだってこと。


なにがどうなるかなんて、誰にもわからないし、
誰にも保証もできないなら、
何を信じて行動するか、
決めていく自分が、一番のキーパーソンだ。


じぶんの心の持ち方や、信念は、
つねに大切だなと、あらためて思った。

わたしは、じぶんの感じていることを、信じようと思っている。



今日はたまたま、
本棚にあった、よしもとばなな『Q健康って』を読み直した。

Q健康って?Q健康って?
(2011/08/25)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


前回は、飛ばし読みして、途中で挫折した、
巻末についてる、がん闘病記の人の箇所を、今日はわりあいじっくり読んだ。

その記録は、
闘病の姿に、その人の生き方がそのまま出ているな~と感じさせてくれた。

それに、人との出会いも、闘病していくうえでは大きいよな、とあらためて。

ネガティブなことも、ポジティブなことも、
人生には豊かにやってくるけど、
どうせなら、
明るい、やさしい、しあわせなエネルギーでは、
じぶんはありたいな~と、思う。

同時に、いろんなことが起こっているように感じるけど、
じつは、それは自分のものの見方に、過ぎなくて。

ただ、ひとつの出来事が、
自分の感情次第で、
悲しくみえたり、喜ばしいことにみえたり、
するだけのことなのかもしれない。

完璧に安全安心かどうかはわからないスタートだったけど、
「完璧」を手放せば、
これで、
わたしには、ちょうどベストなんだと感じられる。

今起こっていることは、
幸運なことだし、うれしい、奇跡なことだとも感じる。

不安を探せば尽きないけど、
明るい、楽しい、良いことのほうを、見ることにした。

周りの人にも、恵まれているし、
わたしでも無理せずちゃんと心がければ、できる範囲の生活だし。

忙しく仕事してて、自分の何かを追い求めている状態で、
今の状況が降ってきていたら、無理だったろうな~。

物事が、すべてベストのようにも思えてくるのですな。

さて、「笑いも癒し」ということで、
面白映像を、YOUTUBEで探していたら、こんな映像が!!!



ジェスチャーが、面白すぎる。

歌詞が英語で、意味が曖昧にしかわからなくても、通じるし。

関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top