光と風と水と。

ARTICLE PAGE

今日は、トンチンカンの日。

author photo

ByMari

今日は、名付けて、「とんちんかんの日」。




昨夜~今朝にかけての熱帯夜、寝苦しくて、浅い眠り。

朝方三時ごろに、

裏の公園のどこかで、近所の猫が決闘をはじめたらしく、

ニギャーニギャー、ギャーゴギャーゴ、グルグルと、激しく、

夢のまにまに、その結末が気になって、耳を澄ませてしまった。

けっこ―長く、闘っていた。




で、

寝不足でへろへろで起き、

朝食は食べられたものの、今日はつわりが強めらしく、

めずらしく、すこし戻してしまった。




しかし、今日は、あらかじめ、大学図書館に行くと決意していた。


この夏一番の猛暑の日にもかかわらず、胸やけしいしい、外出を決行。






やばかった~。

むわっとした空気が、気持ち悪さを倍増。





なんとか飯田橋に到着し、

駅前で、古い顔見知りの、ビッグイシューのおじさんと立ち話していたら、

おじさん、さびしがり屋なもんで、

正午の炎天下のなか、話が、長い長い。

最近、知り合いの若い女の子たちが、ことごとく結婚していくことに、

どうやら、おじさんはがっかりらしい。

「俺もこんなところで終わりたくない。
ここらで、一発逆転、いいことないかなって思ってる」とのこと。

おじさん的には、
じぶんにもチャンスがあると思っていたのが、口ぶりからうかがえ、驚いた。

つまり、その女性たちと、結婚できるんじゃないかって。

このおじさんは、うちの母と同い年、65歳。

話に出てきたのは、二回り以上、年下の、20~30代の女性である。

しかも、おじさんはビックイシューを、売っているのである。

たぶん、わたしが知り合ったのが、もう6年くらい前だから、

少なからず、6年くらい今の現状である。



話が、わたしの現状にまで及んだので、

正直に、いまは同棲している旨を云ったら、さらに驚いていた。

どうやら、おじさんのリストの中に、わたしの名前も入っていたようである。


・・・ふーてんの寅さんみたいだな、と思った。

切ないような、笑えるような、物悲しいような。

どこか、トンチンカンなのに、憎めない。

悲喜劇のような。そして、人情をそそるのであった。



しかし、何歳になっても、どんな状況になっても、

心のどこかで、パートナーや連れ合いを求めるのは、

意外に、男性なのかな~と、あらためて思った。

男性のほうが、ロマンティストで、さびしがり屋なのかも。

一緒になったらなったで、
また苦労したり、自由じゃなくなるってわかってるのにね。

・・・そこらへんが、ロマンティストってわけだ。




そんなお話に、炎天下で、20分ほどおつきあいした結果、

わたしのHPは、もはや 45/100まで低下。



だるい体でトボトボと、

大学図書館にやっとたどり着いたら、

ななんと、建物が工事中らしく、予約しないと、本の閲覧もできないとのこと!!!

大ショック。




なんだかな~の気分で、トボトボと、

今来た道を引き返す。




せっかくだから、

神楽坂かどこかでおいしいものでも食べようと思うのだが、

頭やハートは食べたいものいっぱいなのに、

胃のあたり、からだのほうが、「無理」と自己主張。



よって、これまたトボトボと、

一時間前に乗ってきた電車に乗って、

東京駅まで戻り、

地下街のグランスタで、なんとか、食べたそうなもの・食べれそうなものを、ゲット。



すでに世間様は、盆休みに入ったらしく、すごい人込みでした。

大きな荷物を持って、前を見ずに、よそ見しながら歩いている人が多いので、

とにかく、人にぶつかられずに済むように、突き飛ばされないように、気を使って歩いてた。




下り電車の、がらすきのグリーン車に座って、

やっと今日初めて、ホッと一息の時間。



キッシュ

左が、"DEAN & DELUCA"のキッシュ・ロレーヌ(500円)。

真ん中が、"BURDIGALA EXPRESS"というベーカリーの、フォッカチャ(260円)。

それに、やさしい麦茶。


キッシュがおいしかった~。
ホウレンソウと、ベーコンと、チーズと卵が絶妙の配合で、分厚くて食べごたえあり。
濃い味だ~。
最後まで食べていって、パイ生地にまで至ると、けっこうお腹が満たされた。

そして、直感で選んだ、フォッカチャ。
ふわふわなパン生地に、うっすらチーズや、トマト、オリーブが乗っていて、
重すぎず、キッシュとよく合った。

食べているときはおいしんだけど、
食べた後から、つらさがやってくることが多いので、
欲張らないで、フォッカチャは、すこし残した。

"DEAN & DELUCA"では、店員のお姉さんたちが、若い人が多くて、
声のトーンや挨拶とか、明るくて、感じがよかった。
このお店が好きで、働いてるんだな~ってすぐわかる。


キッシュだけでも、四種類くらいあって、迷った。

パンも種類豊富で、こってりボリュームありのアメリカンな甘いパンも多く、気になった。

お惣菜も、サラダや冷たいパスタとか、
素材や味付けの組み合わせが変わっていて、凝っていて、美味しそうだったな~。

また買いに行きたいな。



このお昼ご飯で、すこしだけ慰められて、

「ま、こんな日もあるよな~」と思いながら、帰路に就いたのでした。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply