股関節痛が消えた?!ケツ凝りについて。ルイーズ・ヘイ。

面白いことに、今朝起きたら、股関節痛がほとんど消えていた。

昨日が8~9の痛みだったら、
今日は、軽く違和感が残る、2くらい。

で、夕方には、ほぼ1に近い状態。

ふしぎだ~。

たぶん、関節痛の急性期的にアイスノンで冷やしたのと、
なるべく脚を動かないようにしたのと、
母に、日中と、夜と、
股関節痛に効くという「環跳」のツボを、ぐりぐりぐりぐりマッサージしてもらったのが、
効いたっぽい。

環跳のツボってのが、ほぼおケツの真ん中なのですが、
おもしろいことに、おケツって、結構凝ってる。
みんな、普段、気づかないだけで。

試しに、押したり、揉んでもらったら、
半数の人が、「痛い!!」って反応すると思う。


現代人は、座っている姿勢も多かったり、姿勢の悪さも関係するのか、
自然とおケツも凝っている模様。

試しに色んなところをぐりぐり押すと、いろんなところが、ぎくぎく響く。

あまり痛くないはずの、左のしりっぺたさえ、
押してもらったら、右より痛かった!!!
・・・たぶん、左足が膝痛で、変な歩き方するから、お尻も凝っていたのかも。

腰痛や、坐骨神経痛の人も、たぶんお尻は凝ってる。

7月に坐骨神経痛になったときも、お尻をほぐすストレッチしたら、
みるみる治ったし。

痛いんだけど、効き目はかなりある。

人にやってもらうのが一番、楽。

自分でやるなら、
ゴルフボールとか、小さな堅めの丸いを当てて、自分で押したり、
仰向けにねた姿勢で、自分を敷いて、お尻の筋肉押してみても、
イタ気持ちいいポイントがわかるので、おすすめ。


こういうちょっとした養生?ケアで、
自分のからだが如実に変化するのが、最近、おもしろい。

「よくなろう」って気持ちをもつことも、大切なんだな~。




からだにも、日々いろいろあるけど、
ここのところ、心はわりあい、のんびり、ゆったりできている。

めまい⇒メニエール騒動があってから、さらに養生の日々だけど、
しぜんと、
これまでノーカバーだった分野に興味がむかっていて、おもしろい。

今日は、薬膳入門者におすすめという、東洋医学の本を注文してみた。

田中美津の本を読みだして、およそ5年。

最初は、冷え性をまずどうにかしようというところから、
彼女の本を知ったけど、
不調の度に、かなり助けられ、
今回も助けられ…読むごとに、感心している。

田中美津以外にも、整体の本やマクロビの本とか、読むのが好きで、
ちょこちょこ読んできたけど、
どんな著名な治療家でも、その本質には東洋医学の基礎知識が流れていて、
そこからの紹介や引用、アレンジだったりする。

で、わたしももうちょっと詳しく知ってみたいな~と思い始めた。


薬膳や東洋医学も「絶対」とは思っていないけど、
自分のからだに合っていることを色々試すのと、
「よくしよう」「よくなろう」って気持ちが、大事って最近思っている。

体のことだけじゃなくて、
こころのことや、自分の性格や、気の持ちようについても、
同じように感じている。



これも、偶然なんだけど、
いろいろ本を検索していたら、こんな人に行きあたった。



ルイーズ・ヘイ。

知る人ぞ知る、自己啓発の大家のヒトみたい。
今まで、知らなかった。

ミランダ・カーも、ルイーズヘイを愛読しているのだとか。

この動画で云っていることは、
ほぼ、色んな自己啓発の人が云っていることと重なるし、
ウィリアム・レーネンさんがおすすめしていることにも、重なりを感じた。

色々なスピ本や自己啓発本を読んでいる人にとっては、
当たり前のことを言っているように感じられて、刺激的ではないかもしれないけど。

この動画で、わたしは、あらためて思い出した。

「そうだよな~、思考が、その人やその人の人生を作っているよな~」と。

じぶんの思考が、無意識に、
日々作り出していることを、振り返る気持ちになった。

ミランダ・カーがあんなにキラキラ美しいのも、
きっと、すてきなアファメーションをいっぱい、自分に語りかけているからだろうな~と。

気の持ちようというけど、
気の持ちようって、けっこう大きいのでは???と思う。



キラキラ~。

どんな自分になるかも、自分次第なのかもしれない。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top