朝の気分。膝痛からみえること(ルイーズ・ヘイ)。

急にぐんと寒くなって、
膝痛が、復活。

関節痛には、冷えもよくないみたいです。
お灸しよ~っと。

厚着しようと思うけど、まだ秋冬ものに入れ替えてないから、おっつかず。

とりあえず、レグウォーマーと、ヒートテックの腹巻をして、
綿だけど、シャツを重ね着して、なんとか防御。

着るものに困る。
サイズがだんだん変わってきていて、
履けるけどウエスト緩い服じゃないとなんか嫌で、ゆるゆるばかり着ているし。
対策しないとなあ。


今朝は、膝は痛かったけど、全体の体調は良いほう。
頭はしゃっきりしていて、重だるさはなく、動けた。

朝の調子で、なんとなく一日の流れができてくる。

最近、夕飯どきは食欲が半減して、あまり食べられないことも多い。

一方、朝食の時間は、逆にほどよくお腹が空いて、おいしく食べられる。

なので、朝食が、結構楽しみなんです。

食事って、夕飯がメインで、力を入れるっていうイメージが強いけど、
おいしい朝食ってのも、
ちょっとした贅沢気分で、フレッシュな気分になる。

egg

自分の好きな、ハムとチーズと目玉焼きを乗せて、サクッとトースト。

いわゆる「贅沢」ってほどでなくても、
自分の好きなものを気楽に食べられるところがいい。

前日に買っておいた、ちょっとおいしい、お気に入りのパン屋さんのパンでもいいし。

masucot
旬のマスカット。
朝のフルーツ。
ひとりでぽつぽつ、おいしくいただいてます。

大体パターンは簡単に決まっているけど、
朝ごはんが、楽しみ。





ここのところ、また印象的な夢をよくみている。

今朝も、いくつかみた夢のひとつが、どこか頭に残ってしまって、
相方が家を出る朝五時ごろ、
お布団の中で、目がさえそうになって、ちょっと困った。

膝が痛くて、寝返りするにも、熟睡できなかったのもあるけど。

その膝痛と、夢の気分から引き寄せられた気がかりとが、
ごっちゃになって、寝床で「うーむ」となった。


先日の、ルイーズ・ヘイの本では、
症状と精神の関係についてもリスト化されている。

ちなみに、膝痛の意味は、

 〇膝…プライドとエゴを意味する 
    ⇒⇒⇒対処としての、新しい思考パターン「私は柔軟に富み、流れている」
 
 〇膝の障害…かたくななエゴとプライド。曲げられない。恐れ。融通がきかない。譲らない。
    ⇒⇒⇒新しい思考パターン「許し。理解。同情。もっと柔軟になればすべてがうまくいく」

となっていた。


なーにが、自分のなかで引っかかってるのかな~?と
素直に、知りたい気持ちで、ふりかえってみた。


すると、自分が今、一番何を気にかけているのがわかった。

なので、午前中に、さくっとその用事を済ませた。

しょいこみがちな人間なので、
直感で「つまらん」「面倒」だと思ってるのに、決断を先延ばしにすることも多い。

人に断るときなんて、特にそうだ。

頑固に、ひとりで握りしめている。

潔く手放す動きを、とにかくしないと、
ずーっとそれが重荷になって、どこかで、自分を重くさせていく。

引き受けたときは、「できる」「やってみよう」と思ったことでも、
時間がたつと、
「いまは、つまらん」「面倒」「重荷」となっている場合もある。



こうして書いてて気づいたけど、
「じぶん」を曲げたくないって気持ちの表れなのかもしれない。

じぶんの弱さとか、だめさとか?認めて、
「できない」と伝えたり、
助けを求めることがなかなかできないタイプ。

無理めでも、人に頼らず、助けを求めず、
じぶん削ってでも、ひとりでやってしまう…のが、これまでのパターン。


そう自覚できたなら、
パターンを変えていけると思う。


今日は、膝痛のことで書いてみたけれど、
ルイーズ・ヘイの本は、その痛みや問題の根本原因に迫るので、
まず、それを認めるということが、一番の難関だったりする。

人間、そういうじぶんをありのまま認めるのが、
一番、苦手だし、反発するから。

「自分は、その問題を求めている(いた)」
ということを、まず認めることから、始まったりする。

すんげー、それって、むずかしい。

でも、目からうろこ!!!

奥が深いので、また別の機会に、書きます。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top