光と風と水と。

ARTICLE PAGE

riekoさんのクリスタルヒーリング/くるしみに降りていく。

author photo

ByMari

昨日今日と、動き回ってました~。

昨日は、riekoさんに、クリスタルヒーリングしてもらいました。

riekoさんのブログ”I'm ready”

いやあ~、ひさしぶりにスッキリした~。

リラックスして受けることができて、
受けた後、からだもきもちも、なーんか軽くなった。

赤ちゃんのエネルギーも元気そうで、もこっとしているらしく、
好奇心旺盛な男の子では~?!と聞き、面白かった。

それから、riekoさんとオープンに話している間に、
いろんなアイディアが出てきて、
エキサイティングだった。

その一つが、さっそく、少しずつ前進しつつあるのも、おもしろい。

そっかあ、わたしは、やっぱり、
うきうきわくわく、
新しいこと、動くこと、好きなんだな~と思った。


クリスタルヒーリングをしてもらった後は、
理屈ではないけど、
流れがよくなるようで、
今日は、相方と、予定外の場所へお出かけして、
公園でやっていた国際祭りをぶらっと見たり、ラーメン食べたり、
横浜橋商店街で、買い物&濃ゆい喫茶店でお茶したり、
楽しかった。

ひさしぶりに、流れを感じた一日だったな~。
気分も変わったし。

かと思えば、
帰宅後、食卓の上に、消しゴムのカスが二個落ちていたことで、
「だらしない」と言われ、
相方とまたケンカとなり、
泣きわめき、
母が出動するまでのことになった。

でも、その事態も数時間で収束。

わたしのなかで、たまりにたまっていたものが、もわ~っと出てきた気がした。
ガス抜き?

気分のスイッチ切り替えで、近所の書店に行って、
蝶々さんの新刊を買って、気分入れ替えて帰ってきた後。

お風呂の中で、なにか、答えみたいなものが、ちらとみえた。

うーんうーんとうなって、どうしようもない気分になっていたとき、
ふと、
宇野千代のことを思い出した。


そして、つかめきれなかった宇野千代の哲学が、
ひとつの言葉となって、
わたしのなかでまとまった気がした。

くるしい時、つらいとき、
ようは、苦境みたいなとき、
その、くるしみのなかに、素直におりていく、つっこんでいく。

そうすると、ふしぎに、ぜんぜんつらくも、くるしくもない。

それが、いつでも、私のやり方だった…みたいな、宇野千代の書いた一文。

「そっかあ!」と思った。

ひとは、なぜ、苦しいのか。

目の前のくるしい何かから、逃げよう逃げよう、
その苦しい何かを変えよう変えようと愚痴を言い続けるから、
ずっと苦しいんだ。

変えようとする、逃げている、闘おうとしているかぎり、
永久に「つらい」。

逃げるんでなく、肚をすえて、
そういうもんだと、くるしみを受け入れ、その中に入っていけば、
くるしみは、もう、いわゆる「苦しみ」ではなくなる。

自己犠牲とか、自分を抑圧するんじゃなくて、
ほんとうに、すうっと、受け入れるイメージ。

正岡子規の「苦」ということも、思い出した。


相手どうこうの問題じゃないってことを、また思った。

これは、じぶんの問題だ…って。

なにがくるしいかって、
くるしみと感じている、じぶんが問題なんだって思った。

冷静に、感じた。

たぶん、相手を変えようが、場所を変えようが、
逃げているかぎり、同じことが、ちがうパターンで生まれる。


じぶんが、どうありたいか、生きたいか、
じぶんの魂の修行なんだとおもう。

そのための実践なんだろう。

相手を変えようとか、
相手がこんな人だったら…とか考えたところで、
それは表面的な幻影に、ごまかされているにすぎない。

相手に原因を求めている限り、
相手がだれであろうが、別の問題、また問題があるだけにすぎない。




わたしは結局、ちがうんだな、テーマ、次元が…って思った。


あーあーそうですか、そうですよね…みたいな。

人生、こんなところで、停滞しているバヤイではありませんよね、と。


明日から、また新しい気持ちで、毎日を過ごせそう。

アイディアも降りてきたし。

じぶんらしく、マイペースで。

できるところから、ぽちぽちと動いていくつもり。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply