光と風と水と。

ARTICLE PAGE

胎動で、自己主張。産みの苦しみ。

author photo

ByMari

赤ちゃんの胎動が、かなりはっきりしてきた。

動きも活発。

動いた後、
お腹をぽんぽんぽんと軽く叩くと、
反応するみたいに、連続して動くときもある。

コミュニケーションをとっているみたいで、楽しい。

あと、
相方と一緒にいるとき、胎動をよくしているような気がする。

先日面白かったのは、
横浜橋商店街の近くの、ラーメン屋あかつきさんに行ったとき。

『ラーメンあかつき』

わたしが醤油ラーメンを食べ始めたら、
カウンターの椅子に、背筋伸ばして座っているのに、
お腹の赤ちゃんがぐるぐるぐるっと動いた。

笑えた。

座っているときに、
そんな明確に胎動がわかったのは、初めてだった。

胎動は、横たわっているとき、ソファに背中を斜めにして座っているとき、
はっきり分かるのが多い。


お腹の子は、ラーメン好き?

・・・あかつきのお店の雰囲気が好きなのかも。

あかつきさんは、相方が阪東橋に一人暮らししていたころ、
よく、わたしも連れてってもらって、ラーメンを食べたお店。

国産のよい素材を使った、こだわりスープがうり。

いわゆる魚介だし和風&あっさり豚骨みたいな感じかな。

さっぱりしていて、お腹と体にやさしい、女性にもおすすめのお店。

サイドメニューもはずれがなく美味しいし、
焼酎の種類も豊富で、お酒を飲んでゆっくりしてもいい。

店長のおじさんも親切で、かんじがよくて、居心地が良い。
アットホームな感じ。

またそのうち、遊びに行きたいな~。
商店街へ行ったあとに。





11月に入って、数日。

先月より、さらに、気分的に楽になっている気がする。

なんってことはないんだけど、
流れがよくなってきたし、
動けるようになってきた気がする。

変化が定着してきたのかなあ。

ずっと、気になってて、
「これがしたいのに、できない!」と
モヤモヤしていたことが、少しずつ、手放せている。

すっと、できたり、している。

おもしろい予定も入ってきたり。

今年はかなりジタバタしていた時期も長かったけど、
いまは、力も抜けて、自然体でいられている気がする。

新しいことにも、進んでみようって思う。




気が付けば、今年も、あと二か月なんだもんなあ!

そして年が明けたら、さらに「新生!!!」的な…。

いよいよ、産みの苦しみが到来?!。

早いような、長いような。



ふりかえれば「産む」って、
そういうことなんだよな~と、最近実感した。

時間と情熱と手間暇をかけただけ、
産まれてきたとき、感動するんだろうなあ。

博士論文を書いたときも、
予想外の色んな出来事が発生したし、
相当時間も手間もかかって、我慢と忍耐が必要で苦しかった。
だけど、
産まれたら、すごく晴れがましかった。

産みの苦しみって、いつもそうなんだよな。

比喩がなんだかおかしいようだが、
私の場合、これが一番しっくりした。




赤子の場合、産まれたらうまれたで、また別の忙しさが発生しそうなので、
逆に、いまのうちに、できることして、
整理できることは整理して、
楽しむことは楽しんでおきたいな。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply