風邪におすすめのツボ/「満足」のかたち

先週末から、喉が痛くなって、風邪の引き始めって感じだった。

春以来、風邪を引いておらず、好成績だった。

ここにきて、
先週・先々週と動き回って軽く疲れがあり、
だんだんと冷え込みが本格的になり、ふうじゃが入り込んで、
体が休息モードになったよう。


妊娠以降で、耳鼻科で処方されたPLという風邪薬があったので、
それをちょこっと飲みつつ、
大椎を温めて、とにかく冷やさないようにしていた。

ゆるゆるとだけど、回復に向かっている。

正直、熱が出ず、喉の痛みでとどまっているだけでも、もっけものって感じ。

なにしろ、風邪が熱にすぐ結びついてしまったパターンが、
今年前半の悪循環だったから。



風邪の引きはじめで、一番効果を感じているツボが、

「大椎」。

簡単に説明すると、

頭を前に倒した時、首根っこのところで、ゴツッと骨が二つ出る。

その骨と骨の間のへこみが、大椎。

詳しく知りたい方は、このこちらのサイトを参考にどうぞ。



この首根っこ部分に、
お灸をするのが、一番いい。



だけど、お灸ができない場合、
レンジで温めた、熱々の濡れタオルで、じゅっと温めてもいい。

濡れタオルを、ビニール袋に入れ、数十秒チン。

やけどしない程度に、
ぱたぱた熱を逃がしてから、
首根っこにタオルをあてて、温湿布にする。

けっこう、じわ~っと気持ちいい。




あと、便利なのが、これ。

火を使わないお灸 6コ入火を使わないお灸 6コ入
()
火を使わないお灸

商品詳細を見る


火を使わず、服の下でも使えるから、
首根っこのツボに、ぽちっとはって、一日過ごせる。
(注※:寝るときは使用できない。低温やけどに注意)。



あとは、ほんと、簡単だけど、
寝るときも、首にやわらかいタオルを巻いて、
首元から冷えが入り込まないように、注意する。


で、なるべく早めに就寝。

できれば、10~11時までに寝れたら、いい。

ぐーっすり寝る。

昼寝できる状況なら、日中も可能な限り、昼寝をこまめにして、寝る。

消化に良いものを食べて、少食にし、
睡眠の質を上げつつ、
消化器も休める。

私の場合、これが早くよくなる秘訣になっている。





風邪をひいてる間も、
けっこー、いろんな人に会ったり?、話を聴いたりしていたな~。

昨日は、相方の妹さんが、アパートに遊びに来た。

というか、保険の外交員を始めたので、その保険の営業なのだった。

一番体調悪い時に、正直、やりにくいお話だったので、ダウンしそうになりつつ、
正直に対処することで、
そんなに後味のわるい日にはならなかった。

へんな遠慮が、一番人を消耗させるのですな。

正直なのが、一番。

妹さんも、けっこう激動な日々を送っていられるようで、
「みずかめ座の時代」の変化を感じた。

これが「しあわせ」って型通りの人生を、おくるとは、かぎらないし、
じぶんが思っていることと、
じぶんの魂が望むこと、ガイドが導いてくれていることとは、
まったく違っていたりするのかもしれない。


変化の時、その時は苦しくて、悲しくて、絶望かもしれないけど、

魂は、「あー、やっと自分のほんとの道に進めるわ」なんて喜んでいるのかも。


一つの経験だけ選んで、
満足している気になっている時代は、終わりなのだな~。

特定の経験だけに執着して、
しがみついているのも、機能しない、時代なのだな~。




そして、今日も、前の職場の人から、またメールが!!!

しっつこい!!!(笑)。

でも、笑ってしまったというか、
客観的に、「あーあー」と思う内容でした。


わたしが、一番きらいだった、わたしが辞める原因でもあった方が、
いよいよ、その職場を辞められて、
ご都合よく、別の似たような職場に、転職されるとか。


あんだけ、しがみついて、迷惑をかけて、やりたい放題だったのに、
辞めるときは、ほんと、ご自分のご都合なのですね、と。

でも、それを可能にさせたのは、
上司や、会社で権限を持っていた方たち。

なんだかんだで、彼女をスポイルして、状況を変えずに、
野放しにしていたのは、その人たちですから。

結果的に、その人たちが、一番迷惑をこうむっていたとしても、
じぶんが選んだ選択肢だものね。


タヌキと狐の化かし合いの世界だったので、
その人たちが、そんな関係で、どんな結末を描こうと、
もはや、わたしには、
遠い異国で起こった、嵐の被害・・・くらいで。


ただ、あれほどの膠着状態でも、
確実に、変化の流れは来ているのだな~と感じさせる出来事の、一つだった。




なんとなく、”Bloody Mary”(苦笑)。
I wont cry for you...。

なんとなく、探し当てたPVの映像が、
どうも前の職場の暗黒イメージにはまりすぎて、我ながら驚き。
無意識のなにかかと思ってしまった(笑)。
・・・流血、犠牲、暗黒、女たちと権力。


ひとは、そのひとの描く、
「満足」のコースをたどっていくのだな~とも思ったりする。

どんな状態が、その人にとっての「満足」「しあわせ」かは、
ほんと、人それぞれ。

だけど、隠しようもなく、
その人が思い描いている形が、その人の生き方に出てくる。



わたしは、わたしの形を作っていこう・・・と、
あらためて、思う、今日でした。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top