牛嶋浩美さんの個展 ”Two for you  りょうほうだいすき”

今日は、

牛嶋浩美さんの個展

”Two for you りょうほうだいすき”

に行ってきました。

two for you

昨年、一昨年の個展とは、またかなりちがう牛嶋さんワールドが広がっていて、

感じるものが多い日となりました。



一枚一枚の絵が、一つの世界で完成されていながら、

個展として、一連の絵を流れで見ていくと、また別のメッセージも感じます。

流れを無視して、

ただ、心にとまった一枚を、じーっと静かに見つめてみても、

まるでオラクルカードをめくるみたいに、

じぶんの内に気づきがあります。

楽しみ方が、無限大な、個展です。



神田・神保町で、1月18日まで、開催中です!

ぜひぜひ、みなさまも、足を運んでみてください。

詳しくは、牛嶋さんのHPでどうぞ ⇒⇒⇒ 『牛嶋さんのブログ』




わたしが、今回の個展で、一番惹かれたのは、

「I know it. ほんとうはちゃんとわかっているよ」

という作品でした。


水の中に浮かんでいるかのような ふわふわと脱力の女性と

真ん中に きらきらを実らした 木

全体的に 水玉が 飛んでいました。


みていると、とても気持ちよかった。

このことばと この抜け感に 「そうそう!」ってしみじみ。



あと、全体的に、描かれた子どもたちの表情の豊かさに 感じ入るものが多かった。

こころのなかに たくさんいる 子どもたちを ひとりひとり描いたような。


今回、両極性のあるものを 描くというのが、テーマとのことでしたが、

この個展をみていて、

二極だけじゃなく、

それこそ、人の中には 何十もの面があるなあと、あらためて思いました。

喜怒哀楽 愛や憎 正も負も いろんな面があって、 

それを受け入れてこそ・・・ なのだな~と。





そんなこんなで、
一昨日あたりから、かなり痛みがひどかった左膝をひきずりながら、
御茶ノ水駅から、ひとり帰っていったのですが・・・。

この二日間、電車を使って、それなりに遠出したのですが、
階段を登るにも、降りるにも、
連休で人ゴミがすごくて、
でも、ほかの人と同じペースでは、全く歩けないじぶんがいて。

バリアフリーとか言いながら、
ぜんぜん、まだまだバリアフリーではない世の中を感じつつ。

でも、今日、牛嶋さんの個展の帰り道、
ふと、気づいたのです。

人とちがうペースで、歩いたって、いいんだって。

歩きづらい脚で、

ほかの人と同じペースで、急ごう急ごう、

無理に歩こうとしてる、焦ってるわたしと、

膝痛は、

まるで、わたしのいまの内面の鏡だな~と。

ゆっくり歩いて、マイペースで、いいんだよな。

ゆっくり歩くからこそ、見える景色も、あるし。

おもしろいことに、
そう気づいたせいか、膝の痛みが、ゆるんできました。



「今 できること、 今のうちにしなきゃ」と思って動いて、

気が付いたら、

けっこー、なんとか、やりこなせて、一月にたどり着いていました。


なので、そろそろ、ゆっくり、静かに、マタニティモードの流れで身を任そうかな、と。

本当の意味で、いま、流れている時間・経験を、大切に丁寧に味わいたいと思います。




それにしても、昨日今日と、とっても充実した時間が重なったので、

いろいろ書きたいことも多い!

でも、まずはここまで。

また明日、ゆっくり書きます~。


くじけないで 文庫版くじけないで 文庫版
(2013/10/11)
柴田トヨ

商品詳細を見る



帰り道、東京駅で、柴田トヨさんの詩集を買ってみたら、

帰りの電車で、涙こぼれそうで、やばかった。


「朝はくる」


一人で生きていく

と 決めた時から

強い女性になったの

でも 大勢の人が

手をさしのべてくれた

素直に甘えることも

勇気だと わかったわ



(私は不幸せ……)

溜息をついている貴方

朝はかならず

やってくる



朝陽も

射してくる筈よ
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top