のんさんの手料理&女子会、そのメッセージ。島のミニトマト。

先日の三連休の中日は、
のんさんのお家での、ほっこり女子会に参加してきました~。

ryouri 1
(手前から、パクチーとネギのサラダと、
もう一人の参加者・あさこさん特製のおにぎり、パプリカのバルサミコ風味、あさこさんこだわりのパン。)。

以前からイベントやWSでご一緒していたものの、
ゆっくりお話しする機会がなく、でもブログだけは愛読者(笑)という日々。

のんさんのブログ”Healing Haemony”

おいしそうな料理や・カフェ・飲み屋さんのレポート、
旅の記録、演劇鑑賞から、美術館めぐり。

そして、おいしそうな、お家ごはんの一コマ。

のんさんが毎回ブログにアップされる手料理が、
ほんとおいしそうで、
前々から、食べてみたいな~と思っていたところ、
今回、お誘いいただいて、それが実現しました!。

ryouri 3

太めなネギとシイタケの入った、グラタン。
葛でとろみをだしているとのことで、優しいお味。
和風グラタン?
牛乳臭くないのに、こってり感はあって。
いくらでも、いけそうでした。

そして、菜の花とブロッコリー?のあいのこ的なお野菜だという…
ちょっと難しい、呪文のような名前の野菜が入った、
あさりの酒蒸し。
ryouri 2

こちらも美味しかった。春の味。

もう一皿、
塩麹とスパイスで漬けた鮭がとってもおいしかった!
・・・写真撮り忘れた…(^_^;)。
一口食べた瞬間、衝撃的に、感動的な味でした。

漬けたお魚は、ぎんだらの西京漬けは好きだけど、
どちらかというと、あまり食べない方向だったのですが。

ほんと、おいしかった。
じぶんでもまねて作ってみようと思いました。



おいしい手料理をいただきながら、ゆっくりと進む会話。

話題は、あっちいったり、こっちいったりしながら、

その一節一節に、「あ、これかな」と思うような、気づきが、

目からうろこな言葉もありました。



あさこさんが、なにかの会話の時、ぽつりと言った言葉。

「諦める」って話。

知名藤枝さんの大阪講演の話か、セッションでの話だったと思うのだけど、

知名さんでさえ、「毎日、あきらめている」のだそうな。

「諦める」って、

いろんな可能性があるなか、

いま、こうして、ここで生きているってことを受け入れて、

生きるため、

諦めるってことなのかな、と思った。


一人だからこそ、できること。

誰かと一緒だからこそ、できること。


どちらかと選ぶと、どちらかをできない場合もあるけど、
どっちもよくて、どっちもありで。


時間も、エネルギーも、お金も、
いろんな出来事や経験の意味も、価値も、
その人の立つサイクルによっても、ちがうのだなと思った。


「変化こそ、ヨシ」「嫌だったら、変えればいい」という価値観に、逆に縛られていたのかも。

「諦める」「受け入れる」ことは、逃げではない。
力を抜いて、
じぶんをありのままみつめ、愛することなのだと思った。

『わたしは、わたしで、いいんだな』って思った。




のんさんの、「習おう(勉強しよう)としちゃう」の話も、すごくヒットした。

わたしもそうなのだ。

勉強好き、じぶん磨き好きなので、

なにか始めようとした際、ついつい何か勉強したり、習ったりしてから…って思ってしまう癖。

もう、いざ、本戦、実践、やっちゃえばいいだけかもしれないのに、

なぜか学ぶこと・習うことで、迂回しようとする癖(笑)。



正直、これまでの人生、
10~20代、へたすると30代のつい最近まで、
勉強どまんなか人間だったから、
「もう十分勉強しただろ?」と思っているじぶんが、どこかにいる。

「勉強臭」がすると、すぐ、心のどこかで、面倒くさくかんじてしまう。
勉強に飽いてしまっている。
詰め込むことにも、無理して何か技術や知識を入れることも。
ある一定の形にしていこうとすることに、警戒心が強い。

だから、いつでも、最近のわたしは、うろうろしているのかもしれない。

なにかしたくて、でも、わからなくて。

”I know it.
ほんとはちゃんとわかってるよ”



誰かに事前に確認したり、承認を求めるのではなく、
もう行動、実践、
コツコツ日々、つとめて生きるのみなのだなと感じ始めた。



のんさんと、あさこさんとお話ししていたら、
じぶんがいま立っている場所や、行こうとしている方向性が、
確認できた気がした。・・・予想外だったけど(笑)。

ほんとに、これは「手放す」ことなのだと感じる物事があった。

しらぬまに、しぜんに、もうじぶんの道を、歩き出していたのだな。

心細いような、
後ろをふりかえれば、さびしい気もするけど、
新しい出会いもあり、
仲間、友達も、ちゃんといることにも気づいた。

この新しい可能性は、ぱっとみ派手じゃないけど、
とっても奥が深くて、手ごたえがある。


tomato

遠く、小笠原の島に住むすてきな友だちから、
新鮮なミニトマトが届きました!

小笠原のミニトマト!!

一口、食べたら、ぷちっと赤い実がはじけて、むねいっぱいに温かさが広がりました。

ありがとう。

赤ちゃん生まれたら、とまとちゃんと名づけたいくらいだ(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

ありがとうございます

女子会レポ、楽しく読ませていただきました(^∇^)
タイトルの一部のメッセージ、ということばがひびきます。たのしくおいしい時間を過ごしながら、おしつけがましくないメッセージを相互に得られる場、平等でオープンなひとときを目指していたのだと気づきました。

まりさんのことばのちからにいつも助けられます。ありがとう。また会いましょう( ´ ▽ ` )ノ
  • |2014.01.15(Wed)
  • |のん
  • URL
  • EDIT

代替画像

Re: ありがとうございます

のんさん、コメントありがとうございます!

愛のこもったお料理を、ご馳走様でした<(_ _)>。

ほんと、おいしいお料理と、ゆったりとしながら楽しい会話に、
受け取ったものが沢山だったな~と、あとからあとから感じてます。

とってもゆったりなのに、刺激的でしたね、いまおもうと(笑)。
みんなリラックスして、正直に話していたのも大きかったのかも。

また素敵な会を、これからも、ぜひ開催してください(^^)/。
わたしも、子どもが生まれて落ち着いたら、また参加します~。
  • |2014.01.17(Fri)
  • |マリリンコ
  • |URL
  • EDIT

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top