卒業。オルゴールの世界。

自分の産科の一か月健診も無事に済み、ホッ。

およそ十か月お世話になった産科の先生に、
お礼の手紙を書いて、挨拶もして、一区切り。

なんとか手紙を書いたけど、
いろんな想いがありすぎて、ことばにしても、しつくせなかった。

言葉にならない気持ちは、感謝とともに、
これからずっと、大切に、じぶんのこころに置いておくことにした。


妊娠初期から、二週間に一度のペースでせっせと会っていたし、
いろんな紆余曲折を一緒に乗り越えてくれた先生なので、
会えなくなるのが、なんとなくさびしい。

先生も同じように感じてくれていたのか、診察の際、いろいろと云ってくれた。

とても高純度の、良い経験、チームワーク?エネルギーの交換ができたとおもう。

一つの目標に向かって、それぞれの立場で、それぞれの最善を尽くす・・・みたいな。

わたしが感動したみたいに、先生もなにか感じてくれたんだなって思った。


それでも、必要な経験、必要なひととき、
その時間を共有するための出会いであって、「適切さ」ってあるんだろうなと感じた。

これ以上・・・になったら、また別の感じになっていってしまうんだろう。

いま、ここで、こうして終わる、ひとつの区切りというのが、
また適切で、最善のタイミングなんだな。


biora


そんな風に、お世話になった方に、出産の報告とお礼のお手紙を書きながら、
ひとつの区切り目を感じていた。

季節柄もあって、なんとなく「卒業」の気分。





最近、母にも云われたけど、
ふしぎなほどに、
わたしは行く先々で、助けてくれる人というか、
良い先生やいい人に出会うことが多い。

台湾の占い師の先生には、「貴人の相」とか云われたけど、
いつでも助けてくれる人がいたり、目上の人に引き立てられる相があるらしい。

産科の先生をはじめ、
マタニティスイムの先生にしろ、そこの看護師さんにしろ、
接骨院の先生や、
美容院の人や。

ふりかえれば、色んな人からサポートと、エネルギーを受け取っていた。

その人たちが、その場その場で、仕事を通して、
わたしに最善のエネルギーと励ましをくれたから、
「今がある」って気持ちが強いし、
その結果を、また抱いて、
この、目の前の生命の塊を大切に育てていこうっていう想いが、出来上がっている。


さまざまに受けとった、奇跡や、ポジティブなエネルギー、祝福を、
これからは、赤ちゃんと一緒に生かして、未来につなげていきたい。


「これまで」を、「これから」に、生かそうと思う。


無我夢中で、
とにかく安全に出産を果たすまでに、全身全霊で集中していた。

自分の健康は、ちょっとくらい損なっても、
赤ちゃんだけは、健康に安全に・・・みたいな、
もう念力に近い、祈りというか、集中というか。

おかげさまで、こうして、母子ともに元気だったけど。

産んで、それで終わりではないんだな。

出産が、また新たなスタート。

また別のステージで、新しい経験が始まっているのを感じる。





・・・それにしても、「脳みそが、やられたか?!」とおもうほどに、
いまだに、気が付けば、涙もろいというか、
不意に感涙してしまいそうになるときがある。


じつは出産してから数週間くらいは、
世界がすべてキラキラしてみえるくらい、そんな感じだった。

なんつーか、ふだんは目に見えないはずの、
空気中の光の微粒子が見えるようになった・・・みたいな。

ホルモンのせいかとおもうが。

ソチオリンピックの、羽生結弦が金メダルとったときの逸話とか、
インタビューとか聴いてるだけで、
なんだか、泣けてきたりした。

羽生くんの場合、金メダルにいたるまでの大変だったプロセスと、
頂点に達した時の感動が、なんか、分かる気がしたのだった。

ここんとこ、かなりマシになって落ち着いたけど、
どこか、まだ脳みそに、それが残っている。


その独特の感覚は、どこかオルゴールの世界に似ている。



最近お気に入りの、オルゴールの曲。
オルゴールver.を聴いて、初めてこの曲が好きになった。




とはいえ、赤ちゃんの授乳&おむつ替えだけの毎日ではなく、
周辺では、たえず、いろんな出来事が起こってきてますよ。

なんでしょうか、ますます変化、変容のサイクルなのでしょうかね。

わたし自身には、あまり波が来てませんが
(おそらく、私の場合、その波がちょい早めにやってきていた?!)。


わたし自身の課題は、そんな周辺を観察し、見守りながら、
おそらく、客観性と無条件の愛なんだな、と。


出来事に、おもわず、驚いて、
「良い・悪い」で、反応して、感情をもらしてしまいそうになるけど。

客観性だな、と確認した。

感情移入することなく、
じぶんの世界、エネルギー、キラキラをマイペースに保ちたい。





さいごに、もう一曲。
最近、テレビで聴いて、気に入った曲。

ディズニー映画の、挿入歌は、毎度いいわけでもないけど、
今回のは歌だけ聴いても、いい曲な感じがする。

関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top